« ヨコハマメリー | トップページ | ユウのいた風景 »

帰ってきたドラえもん

泣けるなぁ~。久しぶりにドラえもんの映画を見ました。素直な台詞が多いので、違和感なく心に響きます。

ストーリーは、ドラえもんが未来の世界へ帰ってしまうのです。ただドラえもんはのび太くんのことが心配。そのことを勘付いているのび太くんは、いなくても大丈夫だよ、ということをしめすんですが、そこが泣かせる。ジャイアンとケンカするんですよ。当然のごとく負けるんです。ただ今までだとここで「ドラえも~ん」となるところですが、我慢して何度もジャイアンに向かって行くんですよ。ドラえもんを頼っちゃいけないんだ、と。のび太くん素晴らしい。やられてもやられても向かっていくんです。降りしきる雨の中で。感動しちゃいましたよ。この向かっていく姿勢に、心打たれちゃうんですよね。参った。のび太くんカッコいいぜ!このシーンの前に家族でドラえもんを送る会的なことを家でやってくれるんですけど、この時にやっぱりどら焼きが用意されているんです。別れを嫌がってたのび太くんが、2階から降りてきてドラえもんの横に座ります。この時のび太くんが、どら焼きを手にしてドラえもんと、どら焼きで乾杯をするんです。どら焼きで乾杯って!なんて思うんですけど、なんか良いシーンでした。このどら焼きに2人の想いがつまってる感じがして、この場面うっっときました。のび太くんてやさしいなぁ~。

この作品、映画版なんですが30分ぐらいしかありません。もうちょっと長くしたらもっと感動できたのに。残念。同時上映が他に2本あって、こっちは面白かったです。『ザ★ドラえもんズ』と『ドラミちゃん ミニドラSOS』。とくにドラミちゃんの方。未来の設定で、のび太とかジャイアンとかは、もうみんな結婚してて、その子どもたちが活躍するんです。この子らまったく逆になってて、のび太の子がヤンチャなんですよ。ジャイアンの子は、大人しくてやさしくなってんですよね。ミニドラといって小さいドラえもんが間違って届いちゃっていろいろ話が進んでいくんですが、スネオの子どもがミニドラをバカにするんです。するとミニドラが攻撃するんですけど、このときスネオの子どもが言った台詞が、ビックリです。「あ~ごめんごめん。悪かった。ナウいよ。」え?何?ナウい!?未来の設定でナウい?いつの時代の人なんだよ。80年代の言葉じゃん。凄い台詞書いちゃったよ、この脚本家は。ビックリです。最後この子らを探すのに通信機を使うんですが、その通信機ごしのドラミちゃんの声が、万引きGメンに捕まった人の声みたいでちょっと嫌な感じでした。「もう、分かりましたわ。なんぼ払えばええの?」防犯カメラの映像思い出しちゃいました。

結構、感動したので今年中にドラえもん映画制覇しよ、と。

« ヨコハマメリー | トップページ | ユウのいた風景 »

「DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155697/9676525

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきたドラえもん:

« ヨコハマメリー | トップページ | ユウのいた風景 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ