« バカルディライヴ 少年と犬と公園と私 | トップページ | 帰ってきたドラえもん »

ヨコハマメリー

Mery メリーさんと言う女性を知っていますか?ヨコハマを語る上で欠かせない方で、知っている人がいればだいだい30歳以上でしょう。余談ですが『とんねるずのANN』で一時期名前が出たことがありました。映画の『私立探偵濱マイク』には、メリーさんが演じられてました。

僕は地元でもあるので、何度かお見かけしました。顔白塗りで服も真っ白。なんなんだろう?というのが僕の印象で、いろいろ噂は聞きましたが実際はどうなのか分からないままでした。

今回ドキュメンタリー映画が上映されるということで、観に行って来ました。まず驚いたのがメリーさんが去年(2005)まで生きていた、ということ。そうなんだ…生きてたんだ…。しかしヨコハマではなく、メリーさんの地元の養老院で生活していたという。内容は、メリーさんが自身を語るのではなく、メリーさんと交流のあった方々のコメントで作り上げられていて、こんなに交流のある人がいることにも驚かされました。メリーさんは戦後のヨコハマと共に生きてきた方で、ヨコハマには欠かせない人です。カメラマンの方が「メリーさんを風景の一部として…」と語っていて、まさにその通りなんです。ヨコハマの風景の一部、この言葉が的確です。伊勢佐木町に歩いてる姿は、僕にとってなんの違和感もなく自然な光景でした。

たぶん一番交流のあった方なんでしょう、シャンソン歌手の永登元次郎さんが、突然姿を消したメリーさんを心配して会いに行くんです。元次郎さんは末期がんなのに、病院から会いに行くんです。なんか、心打たれました。人のことを気にかけることは出来ますが、行動ですよね、行動。行動出来るかどうかが大きな違いなんだろうなぁ、なんて思いました。

この映画メリーさんがどういう方なのか、ということ以外に戦後のヨコハマの状況も描かれていて、地元民としては興味深かったです。メリーさんとこんなにも交流のある方々がいるということが、ヨコハマってイイ町ジャン、なんて感じさせられました。伊勢佐木町に“伊勢佐木町ブルース”の歌碑があんだから、メリーさんの銅像を建ててくれてもいいんじゃないだろうか?目立つ場所ではなく、ちらっと見える場所にでもどうだろうか?

この映画、地元の人とヨコハマに興味のある人にはぜひ観て貰いたい作品です。

自己評価価格 \10000(メリーさんへのご祝儀)

« バカルディライヴ 少年と犬と公園と私 | トップページ | 帰ってきたドラえもん »

「映画」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
ときどき寄ってみてください。
ヨコハマメリーをとりあげました。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

こんにちは。メリーさんは基本的なことだけ知っていました。このドキュメンタリー、是非見てみたいです(><)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155697/9659916

この記事へのトラックバック一覧です: ヨコハマメリー:

» 最後まで志を [廃人からの遺言]
今日は映画を観に行ったよ。 ハマっ子で僕くらいの世代なら誰でも知っている 「メリーさん」 のドキュメンタリー映画。 「ヨコハマメリー」 人と人との暖かさ、余り知られていない横浜の猥雑な雰囲気と歴史、 見慣れてた風景が銀幕に映し出され感動した。 メリー....... [続きを読む]

« バカルディライヴ 少年と犬と公園と私 | トップページ | 帰ってきたドラえもん »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ