« 花とアリス | トップページ | ジェットボールアワー »

『好きだ、』

久しぶりに映画館へ行ってきました。『好きだ、』というタイトルの作品で、明日までだったので急ぎです。

まずはこのタイトル。これ結構はずかしいんですよね、カウンターで言うの。どう言おうか考えちゃいました。「『好きだ、』」だけだと言いづらいし、「9時45分からの『好きだ、』」これちょっと意味深だな。「どうしようか迷ったんだけどやっぱり、『好きだ、』」男らしくない。「昨日にしようかと思ったんだけどやっぱり今日『好きだ、』」言い訳がましいし。ていうか「『好きだ、』一枚」でいいじゃん。

まぁそういうことでストーリーはと言うと、17歳のユウ(宮崎あおい)と17歳とヨースケ(瑛太)の同級生がお互い好意を抱いてるのに、あと一歩のところで停滞してしまい、そのまま時が経ってしまいます。あれから17年、お互い34歳になった時、偶然再会する。再会したことで自分の気持ちに気付き、あの時言えなかった一言思いだす…。切ないっスよ。2人とも真面目な子なんですよ。ヨースケの言いたいのに言えない感じや、ユウのそんなヨースケの気持ちが伝わってくるのにユウも言葉が出ない、この感じ。息が詰まります。思い出させられます。あったな~こんな気持ち。放課後2人で草の上に座って川を眺めながら、ヨースケが他愛もないことを言うんですよ。見ていてもどかしいんですが、あ~分かる分かるみたいな。言いたいんだろうな~もうここまで出かかってるんだろうな~て感じでほんともどかしい。この気持ち、ユウには言わなくても伝わってるんです。だからユウからキスするんです。その時見ていてなんか泣きそうになったんですけど、しばらくしたらユウが泣き出しちゃってビックリです。俺あの気持ち分かっちゃってる!?入り込んじゃってる!ヤラレマシタ。

Sukida映像的には結構雰囲気重視の映像なので、好きなひとははまります。監督は『tokyo.sora』の石川寛監督です。あのテイストです。こんだけ書いといてなんですが、この感じだともうちょっと短いほうがいいと思います。104分はキツイ。腰痛くなった。宮崎あおいの17年後を永作博美が演じてます。ナイスキャスティング!そっくり!単純に宮崎あおいカワイかった~

自己評価価格 \2000

« 花とアリス | トップページ | ジェットボールアワー »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155697/9582534

この記事へのトラックバック一覧です: 『好きだ、』:

« 花とアリス | トップページ | ジェットボールアワー »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ