« 大船フラワーセンター | トップページ | アンダー・ワンダー・ウォーター 原色の海 »

アンジェラ

6年ぶりのリュック・ベッソン最新作。しかも今日で公開終わりと言うことで、僕の地域だけでしょうが、行って来ました。

やっぱね~体調良くない時行くべきじゃね~な。いいところで寝ちゃったよ。もうグッスリでした。フランス語がうるさくて起きちゃったけど、ちょっとでも寝ると気持ちいいもんですね。なんかフランス語ってヒソヒソ話してるイメージがあったんだけど、そんなことないんだ、て思わされました。うるさかった~。言い合いしすぎだよ、まったく。寝れやしねーつーの。

ところでストーリーはつーと、まぁ寝てるんであってるかどうか定かではありませんが…。アンドレ(ジャメル・ドゥブーズ)は結構な借金をしてます。「あ~もう、どうにもなんね~。いっそ川に飛び込んで死んでしまおう」てな具合で橋から川へ飛び込む準備万端でした。その時ちらっと横を見ると、同じような状況の女性・アンジェラ(リー・ラスムッセン)がいます。「おいおいおい、何してんだ?」「あなたと同じことをする」なんつってアンジェラは一足お先に川へダイブ。助けなきゃ、なんて思ってアンドレもダイブ。結局2人共川へ飛び込んじゃったんだけど、助かっちゃいます。「お前だめだろ、飛び込んじゃ。死んじゃうよ」なんつって注意したりして、そのうちアンジェラがあなたと一緒に行く、あなたの好きにして、なんて言い出しちゃって、訳分からないんですけど、ここから2人で活動していくんです。あんだけあった借金を返済します。そんなことしてるうちに、アンドレが恋しちゃったりして…。てな話。

まあね、正直会話がうるせー。ほんとしゃべり過ぎじゃねーか、つーぐらいで。感情剥き出しでぶつかり過ぎの2人でした。こういうの苦手。ジャック・ドワイヨンの作品みたいです。アンドレは気が弱い。アンジェラは気が強い、男前な性格。この相反する2人がぶつかりながら展開していく訳ですが、アンジェラはほんと男前でした。アンジェラ姉さんです。こういう姉御肌の人っていますよね。つべこべ言わず行くよ!みたいな。あんな感じの人です。アンドレは、けど行くんだったらまず…なんて言って、ちんたらしちゃう人です。話的には、あんまり…て感じで好きではないです。一応ラブストーリーなんですよ。ちょっとメルヘンな部分もあったりして。そこがまた嫌なとこだったんですけど。だってさ、ネタバレしちゃうんですけど、アンジェラ姉さんは天使なんですよ。でね、最後天使の姿になるんですが、これが羽でかいんだ。あんだけないと飛べないんだろうけど、でかすぎ。でバタバタ羽ばたくでしょ、気持ち悪いよ。リアルなんだけど、ここまでしなくても…。天使だからダメなの、てな感じで飛んでちゃうんだけど、待て、なんて飛びついちゃったりして、やめて離してで、あ~~~なんてまた川にドボン!川から出てきたら羽がなくなってて、あ!一緒になれるわ!2人は一緒になりました。ジャンジャン。どうでしょう?これ。今の僕には入り込めない作品でした。残念。

この作品日本でリメークするとしたら、アンドレは出川哲朗で、アンジェラ姉さんはオセロ・松嶋で決まりです。観た人は納得だと思います。もしくはアンジェラ姉さんは神取選手で、いかがでしょう。

自己評価価格 \1000

« 大船フラワーセンター | トップページ | アンダー・ワンダー・ウォーター 原色の海 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155697/10252959

この記事へのトラックバック一覧です: アンジェラ:

« 大船フラワーセンター | トップページ | アンダー・ワンダー・ウォーター 原色の海 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ