« アンダー・ワンダー・ウォーター 原色の海 | トップページ | 映画館とgraniph »

リチャードホールvol.3

相変わらず的な感じでしたが今回も“栗井ムネ男”がハリキってました。面白かった。山崎あってこそって感じです。

今回初登場のコントがいくつかあって“ハプニング三兄弟”と“おどやんとてっちゃん”が面白かった。

“ハプニング三兄弟”はいろいろ挑戦してリアルなリアクションのコントで、今回はじゃんぼ竹馬をしてました。このコント見ていて、どうしてもベースがドリフ大爆笑の“バカ兄弟”を思い出さずにはいられませんでした。キャラの見た目が似ていた感じでした。こうなるとツライっすよね。もとを抜けないですから。まぁ僕が勝手に感じてるだけですが…。あのバカ兄弟は、長さんと仲本さんがやってましたが、まずあの年齢でやってるってことで、もう誰も敵わないと思います。おそらく60過ぎぐらいでやってたんじゃないかな~。あんだけ痛いキャラを演じるのは流石です。そうなると体張って対抗するしかないんだろうな~、なんて思っちゃいました。けどハプニング三兄弟は面白かったんでいいんですけど。そうそうこのコント、劇団ひとりが出てるんですけど、あのヅラかぶってるキャラ見ていて、奇面組の“物星大”に似てると思ってしまいました。俺だけか?

“おどやんとてっちゃん”は森三中の大島が面白かった。いいキャラしてました。近所のおっさん役で、ちょっと酔ってます。このキャラが上手くマッチしてました。けどこの人女顔じゃないですよね。よくよく見るとガキっぽい顔してました。男の子顔って感じ。このDVD見ていて森三中って面白い感じがしてきました。けど黒沢はキツイな~。マジでブサイクだと思う。不具合が生じてますよ。ふつーにしててもキツイっスよ。まぁネタに見た目関係ないんで、いいか。

« アンダー・ワンダー・ウォーター 原色の海 | トップページ | 映画館とgraniph »

「お笑い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155697/10290927

この記事へのトラックバック一覧です: リチャードホールvol.3:

« アンダー・ワンダー・ウォーター 原色の海 | トップページ | 映画館とgraniph »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ