« くりはま花の国 | トップページ | 横浜開港記念バザー »

ピンクパンサー

いや~『ピンクパンサー』ってこんなに面白かったけ?すげー面白かったです。最高でした。久々笑える作品でした。映画の日に観にいったのが申し訳ない感じです。

Pinkpanther 今日は1日で、映画の日。こんな日に映画にいけるなんて滅多に無いんで行ってきました。狙うは『ピンクパンサー』。多分過去に一回だけ観にいった記憶があります。ただそんなに面白かった印象がなかったんです。で、今日映画の日っつーことで観に行ったんですが、間違ってた。キチンと\1800払うべきでした。いや~面白かった!ほんと。久ぶりにパンフ買っちゃいましたよ。

なんか今回からまったく新しいキャストとスタッフで、生まれ変わったんですって。もう大正解!これは今後も観にいかなくては。ほんとはまってしまいました。

ストーリーは簡単で、自分のサッカーチームが勝利した時、コーチが殺される。そして指にはめていたピンクパンサーという高価な指輪がなくなったいた。クルーゾー警部が犯人を捜しだす。ていうストーリーですが、捜しだす最中に、まぁいろんなことが起こるんですよ。起こるっていうか、起きちゃうんですけど。クルーゾーがなんかやると、まともにいかないんですよ。細かなギャグがここあそこにちりばめられていて、前に座っていいた女子高生なんか、笑う笑う。いいお客ですよ。このギャグがちょっとドリフっぽくて、僕もはまってしまい、笑っちゃいました。口にはまったゆで卵を取り出すために、四苦八苦してその口から外に飛び出したら、自転車に乗ってる人にぶつかって、その人が露天にぶつかるんですけど、これがこんなになんねーだろっつーぐらい露天が爆発しちゃうんですから。笑った。

クルーゾー警部をスティーブ・マーチンが演じててつまらない訳ないですよね。脚本も書いてるんですから、凄いです。他にもキャストは豪華で、ドレフュス警視にケヴィン・クライン、クルーゾー警部の助手ポントンはジャン・レノ、コーチの恋人ザニアにはビヨンセ・ノウルズ、ドレフュス警視の秘書ニコルにエミリー・モーティマー。新たにピンクパンサーを盛り上げていこう、という姿勢が感じられます。

とにかく笑える作品で、クルーゾーのキャラクターも抜群でした。この人は真面目一本やりの人で、真面目過ぎて逸脱しちゃったような性格なんだと思います。このひとがなんかやると、直ぐ事故が起こっちゃうんですから。それでいて本人はまったく悪気はないんです。なんでこんなことに、なっちゃてんだろ、て感じで。

あ~次回作が待ち遠しい。その前に過去の作品をチェックしとこう。それからスティーブ・マーチンの作品も!

自己評価価格 \3000

« くりはま花の国 | トップページ | 横浜開港記念バザー »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155697/10352259

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクパンサー:

» ピンクパンサー [映画雑記]
ピーター・セラーズのクルーゾ警部で有名だったピンクパンサーシリーズのリメイク作品で、 テレビでやっているのを観た記憶はあるのですが、あまり記憶に残ってません。 それなので、ピーター・セラーズでないクルーゾ警部も違和感なかったです。 それに、スティーブ・マーティンは、好きなコメディ俳優っていう事もあり、 何も考えずに楽しんで、笑わせて頂きました。 まぁ、ストーリーとか何もないですし、ベタな笑いの感性が異なってると、 イマイチなんでしょうけどね・・・(笑) ただ、フランスがメイン舞台だ... [続きを読む]

« くりはま花の国 | トップページ | 横浜開港記念バザー »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ