« 小橋、腎腫瘍摘出手術で無期限欠場 | トップページ | 小橋、頑張れよ! »

Tempura

MTVジャパンで放送している番組ということで、だからってミュージック系ではなく、お笑いなんです。地上波しか見れないので、どんな番組なのか分からなかったんですが、なんでも“地上波放送禁止コード”とか“精神的苦痛”とかパッケージに書いてあって、なんとなく読めたんですが…。

Tempuraマンという覆面被った人がリーダーで、いろいろやって行く番組です。なんでも『ジャッカス』の日本版ということで2006.2月から放送しているんですって。

う~ん、正直、僕にはあまり好きになれない感じでした。どういったネタがあるかと言うと“ドロドロロウソク人間”溶かしたロウをかけます。“四畳半おでん戦争”四畳半で熱々のおでんをかけあいます。“新宿ストリートファイト”新宿で怖そうでいて強そうなひとに声をかけストリートファイトを仕向ける“花火を人に向けよう”これそのまんまです“人間真空パック”これもそのまんま、などなど。

結構見ていて思ったのが、こういった企画ものっていうと『元気が出るテレビ』とか『電波少年』を思い出しましたが、こういったネタのセンスのラインって放送コードなんだな、て思いました。このコードがあってそれを行う人のセンスでうまく成り立ってんだな、て気付きました。やってることは、大きな違いはないんですが、センスなんでしょうね。芸人さんと制作サイドのセンス。どこまでやるか、どこまで放送するか。そう考えると『元気~』や『電波~』の芸人さんと制作サイドの見せ方のセンスには目を見張るものがあります。あとは放送できるのかどうかの判断でしょうね。この『Tempura』は結構ギリです。まぁ地上波ではないのでいいんでしょうけど…。

けどその中でも“ドアにはさまれよう”は面白かった。地下鉄に乗ってドアが閉まる瞬間に、頭出したり、鼻出したり、耳出したりして、ドアにはさまれんだけどけっこう笑えた。けどかなり痛いらしく、ドアのはさむ力の凄さを感じました。

イジメに近い感じが、受けつけられないんだよな。これもセンスひとつでそう見えなかったりするんでしょうけど…。別にセンスがないのではなく、僕の範囲ではなかっただけです。

« 小橋、腎腫瘍摘出手術で無期限欠場 | トップページ | 小橋、頑張れよ! »

「お笑い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155697/10736209

この記事へのトラックバック一覧です: Tempura:

« 小橋、腎腫瘍摘出手術で無期限欠場 | トップページ | 小橋、頑張れよ! »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ