2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

1X8いこうよ!

昨日久々に『1X8いこうよ!』見ました。ていうか、何週かやってなかった。

『1X8観光組合』ということで、北海道に新しい観光名所を!という企画でやってますが、今回まずはじめに訪れた場所は、江別市でした。大泉さん生誕の地であり、木村洋二さんが住んでる町です。大泉さんは「あんたんち名所にしちゃえばいいじゃん。松山千春みたいに。タイミングよければあんたが帰ってくるとこ見れんだから。ガイドさんが“ただいま見えますのが木村洋二でございます”なんてさ」と言ってて自分は「銅像を建てて貰いたいね。細川たかしみたいに」なんて言ってました。建つんじゃないのか~。まぁあってもおかしくないんじゃないか。バレンチノ着てもらいたいね。アルペンスノーもありで。

てなことで江別市に向かうんですが、今回はバンとかではなく、サロンバスです。豪華豪華キー局みたいと言ってましたがほんとそんな感じです。そして今回は大泉組合長の秘書として美女が来てます。おそらくこの人がいるからバンじゃないんでしょう。佐藤弘美さん。モデルの方です。紹介される前に分かるほど、モデル!て感じです。スリムで背がスラーとしてて、てな感じで。

美女を前にバスん中で大泉さんのオヤジキャラが出ちゃいました。大泉さんは「(フィリップ)めくって下さい」と木村さんが言ったら、服めくろうとしてました。「好感度一気に下がるから、だから女性のゲスト嫌なんだよな~」なんてオヤジキャラをゲストのせいにしてました。この点のほうがよっぽど好感度下がるような気がしますけど。

さてさて江別市ですが、レンガの生産地として有名で、ほかにも“江別小麦”なんてのがあるんですって。この“江別小麦”まったく聞いたことなかったんですが別名“はるゆたか”ともいうらしく、あ!と気付きました。むつみ屋のラーメンで、この小麦使ったのがありビックリです。

弘美さんはこの“江別小麦”にくいつき、モデルの職業柄健康に気をつけてるので、食品が気になったらしく、女性らしい体形じゃないと衣装が似合わないんで、と言っててオートクチュールとか、て言ったとき大泉さん「オートクチュールって知ってるか?なんですかね、オートクチュールって?」なにげに聞いてました。

オートクチュール=一点もの

プレタポルテ=既製品

こりゃ、知らなかった。そうなんだ。そしたら大泉さんのジャージを指して、「これプレタポルテだ」大爆笑でした。そうですよね~。

水曜どうでしょう~6年間の事件簿!今語る!あの日!あの時! プチ復活!思い出のロケ地を訪ねる小さな旅

第一弾と第二弾のDVD発売を記念しての、特別番組というWednesday0601 ことです。

『6年間の~』はとにかくCMとCMの間に衣装着替えるのがすげ~。CM開けに違うメイクで違う衣装で、登場してんだから、力入ってるていうか、ノリで行っちゃてるかのどっちかなんでしょうけど、やるね~。これだけで笑えます。ミスターの町娘みたいなヅラが似合ってて笑えた。しかもオレンジタイツいっちょだしね。

どの事件も面白いんですが、僕は『パイ事件』ですね。約2ヶ月に渡るダマシで、毎回知り合いのシェフにパイ生地作って貰ってるのに、違うとっから料理スタート。最初は野菜作るところからスタート。畑耕して種蒔いて。こだわりすぎだろっ!まぁ大泉さんが望んだんではないですけどね。次に野菜やっと収穫して、ではシェフ大泉出番!と思いきや、盛る皿がねぇ!皿作りましょう!なんつって皿作りにロクロ回しに行かされましたからね。最終的にやっとシェフ大泉出番で料理作ったら、何時間もかかるは、食べたら不味はでみんなから不評不評。シェフ大泉、怒った怒った。文句言うは愚痴るはぼやくはで、言いたい放題でした。怒りの言葉流れるように出てきましたね。凄かった!

Daruma『プチ復活!~』はほんわかでした。ダルマさんと姫ダルマ さんに赤ちゃんが産まれた!というオメデタイ話題で、家族一緒のカットには微笑ましさで一杯でした。四つ子なんて、こりゃメデタイですよ。見に行きてぇ~。

 

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

メントレG

ゲストはご存知大泉洋でございます。ということでメチャクチャ面白かったです。正直『メントレG』初めて見ました。

今回特に貴重だったのは、関東に住んでる者としては、まったく見たことがない大泉さん初テレビ出演の番組『モザイクな夜』のVが流れたことです。これ貴重ですよ~。

乳首のとこだけ切ってある全身タイツで、レポートするという完全深夜キャラでした。まぁ、あの緊張しまくりで、まったくカメラ見れない姿は今からは想像できません。おもいっきりローカルっぽい雰囲気でした。今どきあんだけ緊張する人いないんじゃないかな~。凄かった。それからあの髪!ロン毛でしたね。ヅラじゃないよな。時代なんでしょうね~。江口洋介かなありゃ。

『どうでしょう』のこともしゃべってましたね。二度と行きたくないのがユーコン川でした。見たことないので内容が分かりませんが、話だけでもそうとうきつそうでした。

なにかと北海道をいじられてましたが、抜群の切り返しで笑えました。

『モザイクな夜』見てみて~な~。

新・食わず嫌い王決定戦

いや~大泉さん最高でした。面白い!貴さんと憲さんにいじられまくりでしたね。しかし負けてなかったね~。流石です。

対戦相手の小池徹平をみごと一発で見破り勝ちました!けど大泉さんのバツ、見たかったな。ちょっと残念。しかしペンネが嫌いとは!味噌おでんかと思いました。意外なかんじです。知り合いのイアリア料理店の店長がいるのに。またパイ生地作ってもらうか。

さすがな切り替えしだったのは、大泉さんがカンヌへ行ったと言った時、貴さんが「カンヌ行ったの?なんで?」「それ(ブレイブ・ストーリー)ですよ」と貴さんの近くにあるチラシを指しました。「これ?」とラブコンのチラシを出す貴さん。「違いますよ!」「じゃあこれ」とまたラブコン。「そうじゃなくて!」と今度はブレイブ・ストーリーのちらしを出すと思いきや、色紙を出すとすかさず「筆入れ!いや違うでしょ!」

素晴らしい乗りツッコミ。筆入れ、て出るとこが凄いね。しかし役者なのに、この切り替えし、立派立派!

憲さんには、くびのほくろをスイカの種と間違われ、いじられっぱなしでした。「すこし化膿してんだろ」なんて言ってました。

正直『ブレイブ・ストーリー』の宣伝で良かったですよね。これ『東京タワー』だったら放送されてなかったかもよ。

ひさびさ、大爆笑でした。

水曜どうでしょう~ヨーロッパ21ヵ国完全制覇

長かったね~、見るの大変でしたね。けど、おもろかったからいいですが。

Wednesday0501 今回は7泊8日でヨーロッパ21ヵ国を回るという、完全に無理な企画に挑んでます。さて、どうなるでしょう?って無理だろ!出来るわけねーつーの。結局13カ国回れただけでした。けどこれでも凄いんでしょうね。運転だけじゃなく、そこそこ見てまわりましたから。プーさんのモデルとなった場所、ケルン大聖堂、古城街道~ロマンチック街道、ハイジの牧場、アルプスの山々、ローヌ氷河など。

とにかくヨーロッパはいいね~。とくにドイツはほんと行きたい。昼は城見たりして楽しそうでしたね。あの城の数々。色々想像させられます。歴史の素晴らしさ満載でした。そして夜のホテル。幽霊出そうないや~な感じだし、壁の絵!肖像画はキツイな~。こっち見てたもん。廊下広すぎるし、部屋の鍵開けたら、電気点いてるし、怪しさ満点でした。ドイツは一日中楽しめそうです。Wednesday0502

今回はかなりミスターが活躍してました。ハイジになったり、 ナビやったり。けど一番の活躍は“生き地獄”でしょ。あれだけどこいっても甘いもの食べさせられてちゃ、気分悪くなるだろうな~。マジパンはそうとうキツイですよ。あれ飾り的なもんですからね。ケーキにちょこんとのせる人形なんて食わねーもん。あれ食わされちゃ、しゃれんなんね~よな。しゃがみこむの分かります。

大泉さんのトークとリアクションは言うまでもなく面白く、「ブ~ル~ジュ~ウ」はなんだか笑えた。蚊に目を刺されるなんて、普通じゃありえません。6号線に入った日の夜は怒られのかな?前日にミスターの「21ヵ国回れなかったら辞めます」宣言のあとですからね。まぁ無理な計画だったと思いますけど。ただ入った時は笑ったな~。藤村Dとは、ほんといいコンビですよね。

今回も言わずもがな面白い内容でした。

最後に一言。プーさん、ご愁傷様です。

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

リチャードホールvol.7

『王様のプランチャー』おもしれ~な~。くだらね~し。これって単に有田がやりたいだけじゃね~か、て感じます。しかしプロレスファンとしては笑えますよ。

有田の高田と猪木はほんとよく似てる。けど猪木は春一番には敵いませんが。春一番は猪木オンリーですからね、負けられないでしょう。もう神の領域です。

しかし他のメンバーのつき合わされてる感丸出しの態度には、いささか可哀想な感じがします。時間過ぎね~かな、みたいな感情が顔に出まくりです。さすがにやはぎのドリー・ファンクはどんなキャラか分かってないような感じでした。ていうかキャラ掴みきれないでしょ。地味~な選手なんだから。エルボースマッシュするぐらいか?けどベルトしてたけどなんのベルトなんだろう?NWA?

細かいことをいうようですが、オレンジタイツの時の武藤はLOVEポーズまだやってなかったんじゃないか?それとハンセンはのウィ~は左じゃなかった?ファンとして気になりました。

あと今回も山崎が良かったな~。あのデニーロのネタは凄い!多分アドリブでしょう、あれって。メンバーの中でズバ抜けてます。さすがM-1優勝。

一期一会キミにききたい!

今頃見ましたが、『度胸をつける話@仙台女子応援団長の日常』ということで、今回は内気な女の子が女子応援団長に出会うという、まぁそこまでしなくても…なんて思っちゃいましたが。

イチゴさんは竹村ひろ美(18)さんで大学生です。とにかく人前に出るとあがってしまい、どうしていいのかわからなくなってしまうという、極度に緊張していまう女の子で、自分でこのままではいけない!ということで自分を変えたくてきたわけです。そこでイチエさん。嶺崎里美(20)。仙台の大学で初の女子応援団長です。気合はいってますよ~。なにげにシズちゃんに似てましたけど。

早速待ち合わせ。さすが応援団長は違うね。名刺持ってんだもんな~、ビックリ。やっぱり「自分は~」なんて言ってましたね。けどなんでしょうね、あの「自分は~」つーの。あんまり好きじゃないんだよな。たまに腹立ったりしますけどね。まぁそんなことはさておき、さっそく大声出しましょう、なんて言ってやらそうとしましたが、ほとんど無理でしたね。団長が「そうやって恥ずかしがってることを、見られてるのが恥ずかしいじゃない」なんて言ってアドバイスしますが、無理無理。結局ひろ美さんの出来る範囲の声で「バカヤロー」て言いました。正直、難しいよね、いきなりは…。

面白かったのは団長の家に行ったときだね。団長の部屋には化粧品とかあって、ひろ美さん「化粧品がある」なんてビックリしてました。そしたら団長「女の子ですから」なんて言ってました。けどね、偉いのは「マナーとして化粧をする」と言ってました。そう!マナーとしてでも女性なんだから化粧しないとね。たまにね、化粧してない女性がいんだよな。まぁね、スッピンで勝負出来んならいいですよ、そりゃ。もとが綺麗、かわいいならそりゃスッピンでいいっスよ。けどね~おめぇどうなんだよ、みたいなのが化粧しないと、ほんとね、こんなのセクハラですよ、セクハラ。不愉快極まりない。またね普段化粧しないから、化粧したらしたで下手くそなんですよね。クレヨン使ってんのかと思っちゃいましたよ。おまえの顔はらくがき帳か、つーの。その点団長は偉い!いくら応援団長やってても、女性であることを意識してる。流石、立派です。ちょっとねイイ女に見えてきちゃいましたよ。あとね服に興味ない女性ね。これ最悪!団長はよかったですよ。みんなで私服で写ってる写真があったんですけど、ちゃんと女の子してました。これがね、服とかおしゃれとかにまったく興味しめさない女性がいますからね。だいたい女性からみても、おかしいでしょ。これ何時の時代の服?みたいなの着てたら。ありえないでしょ。ほんとはもっと鮮やかだったんじゃね~か、みたいにかなり色褪せちゃってんの着てたら。たまにいんですよね。困るよな。新品買え、たまには。

え~余談で暴走しちゃいましたが、ひろ美さん、今回団長に会ってる間で、たぶん変われなかったと思います。なにか考えが身に付いた感じはしましたが、見ていてどっちかっていえば、団長の頑張りが目立った内容でした。たぶんこの放送を見て変わる手がかりになるんじゃないだろうか?

変わりたいということで応募したんでしょうが、いまいち積極的にかかわろうしてなかった感じです。まぁこれから地道に頑張るしかないですよね。

~初富士・美里・夏が来た!~ 美里祭り2006!in山中湖

いや~遠いな~。交通の便、悪いし。参った。しかし夏と言えば美里!つー感じで、夏の美里に行かなければ夏を感じられないのです。

Misatoyamanakako 行ってきました渡辺美里。21回目の夏は西武から離れ山中湖ですよ。ほんと便悪くて参りました。まぁ車で行かれる方はいいんでしょうけど、僕みたいに電車&バスなんてなると、行きはまだいいんですが、帰りですよ問題は。

山中湖から御殿場へのバス最終19:33ですからね。16:00スタートで3時間やったら33分でバス停に行かないと帰ってこれません!実際バス停までは大体40~45分。どうしよう~。帰りのことが、かなり気になってのライブでした。実際終わったのが18:45頃。もうダッシュでしたよ。終わって速攻バス停に向かいました。おかげで最終間に合いました。30分で到着。山中湖で野宿なんて、ありえません。

西武の時に、まだエンドロール流れてるのに帰っちゃう人見てて、「まだ終わってね~だろ!失礼だろ!」なんて思ってましたが、帰れなくなる方が大事ですもんね。今頃、気持ち分かりました。

さてさて今回のライブですが、雨も降らず、しかも時たま青空が見えたりして、最後にはシルエットでステージの後ろに富士山が見えて、いい雰囲気かもし出してました。

今回良かったのは、前々からライブで聴きたい曲があって、リクエストしたことがありましたが叶いませんでした。しかし今回歌いましたね~。なんでも野外では“初”とのこと。願い叶いました!

『はじめて』という曲で、いいんですよね~。

♪離れて生きるのをきみが選んだのは

 いつか出会うためだったんだよね

 そうだよね

 同じ夢も心も半分づつで

 忘れてしまえる程 

 ねえきみ ぼくは強くなれないよ♪

イイ!歌詞全部載せるとめんどくさいんで、抜粋ですけど、曲がつくとかなり切ないんですよ、これ。初めて生で聞けて最高でした。よかった~。

いつもどおり『My Revolution』『夏が来た!』など歌いましたが、『My Revolution』のとき奇跡が起きましたよ!いままでず~と曇ってた空がこの曲のとき雲が去り、晴れました!しかも次歌った『青空』のときに曇りました。凄い!

“きらら”という会場の杮落としということで、今回ここでやりYamanakako ましたが、来年は交通の便のいいところにしましょう。ここはキツイ。座席も芝生なので適当に区切ってるかんじで、実際座ると狭いし、窮屈感がありすぎます。あと山の近くなんで天候が不安定。写真はグッズ売り場ですが霧で見えません。次回は別の場所で!

ああ、これで僕の夏は終わったな~。明日から頑張ろう!

水曜どうでしょうリターンズ 四国八十八箇所3

今回は裏切りですよ、裏切り。受験生のために四国八十八箇所をまわっている大泉さんですが、今回第三夜ズルしますよ、いいんですか~。

なんでも38番目のお寺、金剛福寺に行くのはかなり大変で、往復100キロかかってしまいます。足摺岬という突端にあるため、そこにいくために行って帰ってくるていう感じで、流れで寄っていけるところではないのです。ただそういった時間的な問題よりももっと重要なことが!

38から37へ行く途中に“いろりや”というそれはたいそう美味しいうどん屋があるらしく、どうしてもそこに寄りたい。しかし金剛福寺に行ってたら店が閉まってしまう、さてどうしよう…。みんなで考えます。おそらくミスターがいたら寺にまわったでしょう。しかし先週仕事のため帰ってしまい、いません。代わりにリーダーこと森崎さんがきてます。さてどうしよう…、なんて考えることもなく「去年のテープ使いましょう」なんて簡単に決まっちゃいます。「リーダーは合成で!」なんて。

さっそく合成で済ませ、そそくさと“いろりや”へ向かいます。みんな美味しいうどんが食べれるとあって、大喜びです。その時あることに気付きます。「今日やってたっけ?調べてみて」なんていわれ調べてみると、なんと休み!定休日でした。

「寺ひとつ回らなかったら、うどんも食えやしねぇ…」

見事に上手くいかない大泉一行。素晴らしいの一言です!

笑いの神がついてますよ。『水曜どうでしょう』さすがですね。

 

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

がんばれ!ベアーズTVシリーズ第四話「強打者ケリー登場」

今回は新メンバー“ケリー”の登場です。

ベアーズが練習してるグラウンドに、バイクで入ってきて邪魔するケリー。もう走り回ります。逃げ回るメンバー。しかし自分の方に向かって来てるのにもかかわらず、逃げないメンバーが。アマンダです。言い合いの末、バッターボックスに立つケリー。アマンダ投げます。ドンドン打つケリー。しかも場外に。メンバーみんながケリーをチームに入れようとなります。交渉するバターメーカー。ケリーには女の子と遊ぶことしか頭にありません。「アマンダと遊べんのか?」なんて言ったからバターメーカーは、もういいとメンバーに入れることを辞めます。父親になりそうな関係があっただけに、バターメーカーはこんな奴にアマンダを!なんて気持ちになります。けどメンバーはケリーが欲しい。ある時ファーストフードでメンバーと出くわすケリー。しかもアマンダとデート中です。メンバーが他のチームのメンバーにいじめられてます。助けるケリー。みんな大喜び。ケリーに抱きつくアマンダ。バターメーカーが発見しちゃうんですよね~。二度と近づくな!なんて言って、もう見込みなくなります。しばらくして試合をしてるところにケリーが来ます。アマンダはケリーに謝って、と言う。なんとも納得いきませんが、ここはバターメーカー我慢我慢で謝ります。しかしケリーにバターメーカーはあれは独り言で謝ったんだ、なんて減らず口をたたきます。ケリーはいなくなり、試合は負けそうです。打ったはいいけど、回りすぎてアウトになったり、(ホームに)帰れ!ていったらグラウンドを出て家に帰ろうとしたり、とありえない行動で負けそうです。どうしよう…。ここで、ケリーがバイクで登場します。しかもユニホームを着て。どこで渡されたんだか分かりませんが、ベアーズ大喜びです。そして逆転勝ち。めでたしめでたしです。

単純~。けど楽しめるストーリです。アマンダのしゃべりを聞いてると、アメリカの女の子ってませてんな~なんて感じます。11歳の役でケリーを誘惑するとか、香水つけたりとか、いまの小学生だったら化粧とかするみたいですが、この当時(今から25年くらい前)でこんなことしてるんだから、アメリカ立派です。まさにアメリカ。『グローイングアップ』とか『ポーキーズ』でアメリカの学校のイメージが付いた僕としては、小学生もそんなか!て感じで脱帽です。

茨城ゴールデンゴールズ

大将のチーム“茨城ゴールデンゴールズ”が解散するらしい。正直そこまでする必要ないんじゃないかな?残念です。

もともと大将の好きな野球が人気低迷だったこともあり、チームを作ったんですよ。こういうことがきっかけで野球人気が出てくれればってことで。世代的に野球世代なんでしょう。子どものころ人気のあった野球が低迷してることにどうにかしたかったんだと思います。で、このおかげで社会人野球に注目が集まったりしてたわけです。確か二郎さんも対抗してきてたんじゃないかな。いい雰囲気だったのに…。

山本の件で解散なんて決断しなくてもいいんじゃないかな?野球のことはまったく分かりませんが、みんなが楽しく野球をやる場を、この件でなくさないで欲しい。

大将の負うべき責任ではないと思う。

水曜どうでしょう~北海道212市町村カントリーサインの旅

今回のDISK2は『北海道212市町村カントリーサインの旅』がはいっていてかなり面白いんですが、特典映像に『ミスター大壮行会』があり、感動感動で心打たれました。

Wednesday0402 ミスターこと鈴井貴之さんは、2004年に韓国へ映画の勉強をしに約1年間旅立ちます。『銀のエンゼル』という映画を監督し、より映画のことを学ぶために行くわけです。“どうでしょう”のメンバーと一緒に公開イベントを北海道でファンのみなさんの前でします。そこで最後挨拶をするんですが、正直に自分の気持ちをコメントするミスターに感動しました。

番組当初テレビのことを分かってるのは自分だけだったんで、自分が引っ張っていかなくてはと気負いしてたこと。ある時自分より大泉のほうが面白いことに気付いたとき、正直その現実を認めたくなかったこと。そして認め自分が一歩下がったこと。次には自分よりディレクターの藤村のほうが大泉と上手く掛け合いが出来てること。このことを受け入れたこと。そうすることで、現実の自分のポジションを認め受け入れたとき、初めて“水曜どうでしょう”が好きになったこと。自分の思いと現実のズレに悩んだあげく、現実を受け入れたときに見えてきたことなど正直に話してくれます。

こういうことって中々難しいんですよね。現実を受け入れた、と言ってましたがそうとう悩んだと思いますよ。だって当時素人で学生の大泉さんに対して負けを認めるんだし、まったくタレントじゃないディレクターに対しても負けを認めるんだから。そういうコメントをしてたということは、高いプロ意識があって番組に臨んでいた訳で、いままでの自分の意識を変えなくてはならないのは、そうとう大変だと思います。いわゆるプライドとの戦いがあったんでしょう。かなりの葛藤があった訳です。負けを認めるって大変なんだよな。それが出来たミスターは、ほんと立派だし大人です。現実を見つめそれを受け入れる。出来そうで出来ないことです。そのことをファンの前でしゃべれるのは、吹っ切れたのと確固たる自分のポジションを見つけたからなんでしょう。凄いです。

現実を受け入れることで見えてくることって結構あるんだよな~。ミスター最高です。

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

極楽山本

極楽の山本が解雇になったらしい。

あ~『めちゃイケ』どうなるんだ…。山さま、面白かったのに…。山本がらみのコーナーもこれで色々なくなるんだろーな。残念。

『とぶくすり』の時に極楽のコントみて、マジ暴力的で最後グダグダになる感じが面白かったんで、2人のコントは結構気に入ってました。

こういうかたちになるなんて、残念です。けど解雇はかなりの決断ですよね。この事件過去振り返れば芸人さん何人かこういうこと起こしてますし、そのときの処分て、謹慎とかだったんじゃないでしょうか。解雇か…。色々あるんでしょうね…。とにかく残念です。

水曜どうでしょう~宮崎リゾート満喫の旅 韓国食い道楽サイコロの旅

まずは『宮崎リゾート満喫の旅』。シーガイアでリゾート気分に浸りましょう、ということで今回タイアップ?ですかね、宮崎シーガイアで楽しんでます。けど、スケジュールびっしりで、大変そうでした。

まぁ番組ですからしょうがないんですけど、終わったら次終わったら次で、意外ときつそうな感じでした。あんまりエンジョイ出来なかったんじゃないだろうか?しかし、正直これではなんの宣伝効果もないような気がしました。だってさ~いいディナーを食べてても一回も料理が画面に映らないなんて全然意味ないですよね。トークは面白いんですけど。シーガイヤ怒ってるんだろ~な~。

残念だったのは、カクテルマジックの時の映像。かなり面白かったんですけど、暗くて画が分かりづらかった。勿体無いよな~。ほんと面白かった。大泉さんの適当トーク炸裂でした。

Wednesday0401 日向夏をしょうゆで食べるのが通の食べ方、なんてあのおじさん言ってましたがほんとだろうか?想像しただけで不味そうでしたけど。それにしてもあのおじさん、ヅラっぽくみえたは僕だけだろうか。

それから『韓国食道楽サイコロの旅』。これ普通に国内サイコロするよりキツそうでした。過酷だよな~。サイコロ振って食べるものと場所決めんのはまだしも、着いてカード引かなきゃならなくて、そこに“食べれない”なんて書いてあるカード引いたら食えないんだもんな~。キツい!マックとお菓子とビビムパとホヤとえびの頭だけだもんな。2泊3日でですよ。過酷。

ディレクターに暴力ふったのは笑えました。ついに!て感じで。けど納得納得。笑えるわ~。それからビビムパ食べれた時のあのテンションの上がりよう!最高!ほんとコロっと変わるからいいよな、笑える。

けど一番笑ったのは、はじめですよ、はじめ。大泉さんを迎えに自宅まで行く鈴井ほかスタッフ。まず玄関で待ってる姿が面白い。もうすでに勝負服に着替えてますからね。何があっても大丈夫っつー格好で。早速車見て怪しむ大泉さん。運転手がいる、てことはこの車どっかで乗り捨てるな?勘が働きます。で乗って行きながら話して行くと、なんと韓国に行くぞ!なんて言われ、大ビックリ!そりゃそうですよ、海外になんの準備もなく行く事になるんですから。驚くよな~。突然すぎるよな。ほんと笑える番組だ。

時間がなくもう1枚のディスクはまだ見てない。早く見て~。あ~時間がない~。

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

水曜どうでしょう~サイコロ3~自立神経完全破壊~完全版 後編

見事な転落でした。最高っス。大泉さんがヘリコプターに乗る時と下りる時の、このテンションの違い。見事!

今回は前編が淡路島で終わってしまったため、目的の札幌に帰ってきてないために、淡路島からスタートです。いつもの通り何も知らされてない大泉さんは、ジャージにアルペンスノーの靴でロケに参加。北海道から出るとも知らず、軽装です。

Wednesday0302 さて今回は淡路島~徳島~倉敷~東京~神戸~湯村温泉~京都~福島~大曲~盛岡~八戸から苫小牧、とまぁほんとによくやるよな~と思いつつも楽しませていただきました。

笑える場面がかなりあります。雪面の飛び魚や車内での紙下着ファッションショーなど。けど最高なのが湯村温泉に移動する際に乗ったヘリコプターですね。これは凄い。

今回移動でヘリに乗るとのことで、大泉さん大はしゃぎです。「トップガンだね」「ケビンコスナーじゃん」などなどテンションもの凄くあがってます。乗るときもポーズ決めちゃったりして。さてさて乗ってしばらくするとテンションが徐々に下がっていきます。完全に酔ってきてます。なんでも乗車する人がいなくても途中の停留所に着陸するとのことで一旦着陸。この時点で大泉さんかなり具合悪くなっていて「後ろ酔うから、前に乗るわ」とディレクターに言って前の席に乗って再び離陸。さあここからやばくなりますよ~。先ほどとは打って変わって、ほとんど喋らなくなります。言葉を発するほどの余裕がなくなります。しばらくすると口の前に紙袋を待機させます。アナウンスで「まもなく到着します。本日は気流の関係で…」なんていうところで、ゲロゲロゲロ~。やっちゃいましたね。あとちょっとだったのに~。ほんとあとちょっとて着陸だったのに。空中で吐いちゃいました。ただ面白いのが着陸した時の大泉さんのリアクション。ヘリの扉が開いた瞬間、黙って一目散にトイレ直行でした。リアルなリアクションでした。なんの愛想もなく、ただただトイレに向かう後姿は、最高に気分の悪さを表してました。こういう時ってこんなだよな~なんて思わされました。

特典映像に『喧嘩太鼓』のチラシ撮影風景が入っていて、これがまた笑えた。もの凄い素人撮影状況なんだもんなぁ~。バックは皺よってるし、カメラはコンパクトなデジカメだし、撮るのはディレクターだし、上がりみたらボケてたりブレてたりと、いいかげんさ満載でした。よくあれで仕上がったよな~感心感心です。

過酷な移動となったサイコロ3でした。

 

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

noah7.16武道館大会

行って来ましたNOAH武道館、高山復帰戦。今回は2階の一番前の席だったので見やすかった~、最高でした。

Noah716 高山選手は思ったより今までと変わらぬ動きで安心しました。けど、第1戦ですからね、まだ勘が戻ってない感じはしました。これから無理せず徐々に試合していけば、もとにもどれるんでしょうね。とにかく会場の期待大でした。もの凄い声援で、ファンが待ち望んでたのが伝わってくる入場シーンでした。やっぱこの人がいるのといないのとでは違いますね。帰ってきてくれてありがとうです。しかもNOAHに。試合後三沢選手、秋山選手から握手したのなんか見て、これから頑張れよ、ていう感じで高山選手を祝福してるかのようでした。メインですからね。NOAHとしてもバックアップしていく気持ちなんでしょう。いい雰囲気でした。

新世代タッグ対決!良かったですよ~。丸藤・KENTA・力皇・森嶋と出し惜しみせず30分力尽きるまで戦ってました。今日は森嶋が良かったな。とにかく一発一発が重い!ヘビー丸出しで、この勢いでどんどんいけば絶対GHC取れますよ。期待してるぞ。見ていて感じたのは往年の名選手の技がい感じでのりうつってるかのように出てた感じがします。越中のヒップアタック、鶴田のキチンシンク、力皇とのダブルタックルなんか、ハンセン・ブロディを思い出しました。この2人、いいタッグですよね。まあ以前ワイルドⅡでしたから申し分ないんでしょうけどね。これからどんどん活躍してってほしいです。丸藤・KENTAはとにかく打たれ強い!これは凄い強みです。もう一歩でヘビーやっつけたんじゃないかな。30分は短すぎ。

さて今回面白かった選手を見つけちゃいました。会場の人もこの選手のキャラに引き込まれ、最後には大声援でした。その選手の名は“エル・アンヘル”。トリプレアの選手で“「天使」の名前を持つ男”という意味らしいです。この選手ルチャのわりにはスローで、技をかわすときもスロー、技をしかけるときもスローと動きおせ~。助けに行く時もスローですからね、間に合わね~だろっーの。すべてにおいてなんじゃそりゃ、てな感じの動きで失笑でした。しかしそのうち親しみなんですかね、なんとなく受け入れられてきて、最後勝敗は決まったんです。しかしジョーカーがしつこくテリーにちょっかいを出してきてたんです。ちなみにアンヘルはムシキング・テリーと一緒のチームで勝利しました。あまりのしつこさにかかっていきましたね~アンヘルが。会場アンヘルに大声援ですよ。行け~アンヘル~!けどね相手チームに袋にされちゃいました。アンヘル面白いな~。また呼んでください。

今回のツアーサブタイトルに“ビバ・メヒコ”と付いていて参Mask 加外人選手がすべてメキシコ、ルチャドールなんです。で売店にもメキシコ感が漂ってて、直輸入のグッズが売ってまして、迷ったんですけど、プロレス心を擽られちゃいまして、マスク買っちゃいました。けど、これ誰?

水曜どうでしょう~サイコロ3~自立神経完全破壊~完全版 前編

今回も笑ったな~。特に“バレンチノ”は大爆笑だね。DVDに同封されている“喧嘩太鼓”の意味も分かったし。最初なんなんだろう?これ?と思ってましたが、そういうことね。Wednesday031_1 

『サイコロ3前編』ということで、この旅後編があるのでかなりのボリュームです。一気にはさすがに見れね~。

東京~鳥取~京都~敦賀~金沢~博多~長崎~鹿児島~岡山~淡路島。これが4日間で行ってるんだから、疲れるよな~。だいたい着いて次、着いて次だからね。リアルすごろくみたい。風呂とかどうしてんだろう?なんて単純に思っちゃいました。けど最後淡路島なんで、札幌には帰れてません。この後が後編に続くんでしょうね。

今回は特に乗車してる時のバカ話が面白かった~。

大泉さんが着てる革ジャン、これなにげに“バレンチノ”なんですよ。この当時まだ20代前半。金持ってんな~。ミスターが、色々聞きます。「幾らしたの?」「3万」「え?3万!バレンチノって30万ぐらいすんじゃないの」「3万ですよ。元はもっとしたから」「幾ら」「6万。値切って3万」てなぐあいでこれバッタもんなんです。ていうかオリジナルなのかな?だってバレンチノの最初“V”じゃなくて“B”ですもん。“B”ではじまるバレンチノなんです。オリジナルですね。韓国行ったときに買ったとのことで、ポケットにはイタリーミラノの文字が。色々調べるとタグは、韓国語で書かれてました。おかし~な~、イタリーミラノなのに。

こういうの買うところに大泉さんの役者というより芸人魂を感じます。あんだね~こういうの。僕も学生の時見つけたことありましたよ、西友で。当時“リーボック”が流行ってまして、ここにも売ってんじゃん、なんて思いよくみると“アーボック”て記されてました。なんじゃこりゃ。

てなことで、後編楽しみだ。

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

水曜どうでしょう~サイコロ2西日本完全制覇 オーストラリア大陸縦断3700キロ

DVD的には第3弾です。『オーストラリア大陸縦断3700キロ』それを4日間で縦断するんだからムチャするわ~。

オーストラリアのダーウインからアデレードまで、レンタカーランドクルーザーでどんどん向かって行くんですが、途中さすがオーストラリア!てな感じの場面が色々あって、いい観光映像になってます。

カンガルーが死んでたり、竜巻が進んできてたり、コウモリの大群がいたり、エミューとカンガルーが飛び跳ねてたり、エアーズロックがかなりデカかったりと、いい感じの画です。

けどほんと面白い!だいたいは車の中の画が多いんですけど、なんだろうほんとノリでいっちゃおーぜ~、みたいな雰囲気が見ていて楽しいですし、楽しんでますもんね、こんな過酷なスケジュールなのに。だいたい、いくら暑いからってボンネットで目玉焼き作ろうとなんかしないでしょ。そこまで熱くなってないだろうし。ていうかボンネットにたまご落としたらすべって地面に落ちちゃったじゃんか。見えてましたけど笑えた。車内でのバカっ話も面白かった。持ってきて作ったソーラーカーのプラモが結局動かなかったり、話題には事欠かさない旅ですよね。タミヤでソーラーカーもプラモなんか出してるんですね、初めて知った。こんど買おう。

アデレードに近づいて街並みが見えたときの新鮮なこと。いWednesday02 ままで、ずーとまわりな~んもなかったですからね。砂漠通ってきてたから。あんなに街並みが新鮮に見えたのは初めてですよ。

最後アデレードに着いて、さてこれから宿探そうなんてときに、ランクル死んじゃいましたね。なんか仲間を失ったような感じで、悲しかったな。トラックに運ばれていく姿は、最後まで頑張って倒れたようで、彼の頑張りに感謝です。拍手拍手ですよ。

冊子には色んな裏話が書いてあって、見た後により感慨深いものが感じられます。

最後に一言「人間達の夢の跡だな」

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

水曜どうでしょう~サイコロ1 粗大ゴミで家を作ろう 闘痔の旅

栄えある第一回放送収録のDVDです。

一気に買ったもんだからどれから見ていいのか分からず、知り合いにメール。「サイコロ1がいいんじゃないかな」というアドバイスのもと、発売的には最初ではないですが、この作品から見てみることに。

大泉洋の若いね~。とりあえずモジャモジャアタマじゃないことに時代を感じました。短髪ですよ、短髪。しかも服装がダッサい!チノパンに水色のTシャツ。田舎の学生まるだしの格好で笑えました。それからミスターがよくしゃべってるね。リターンズを最近は見ていますが、こんなにしゃべるキャラだとは思いませんでした。始めのほうだからかな…。

Wednesday01 さてさて噂には聞いてた“サイコロ”ですが、サイコロ振って出た目のところの指示で行き先が決まるという内容、はじめて見ましたが、面白いね~。予想外でした。当初は『電波少年』的なイメージがありましたが、それより平和でイジメ的雰囲気がなく、なによりミスターと大泉洋、そして2人のスタッフが楽しんでいるのが、いいっすね。低予算で知恵を絞ってというか、思いつき、ですかね。いい雰囲気です。

サイコロの出た目で次行く所がきまるんですが、まぁスムーズにいかんね。東京から北海道へ帰るだけなのに、松山~臼杵~小倉~新大阪~新潟~小樽~札幌。こんなルートですよ。しかも長距離バスや寝台車、フェリーなどなのでキチンと寝ることが出来ない状況でメチャクチャでした。そうそう“サイコロ”ですが番組でなにか作ったのかと思いきやサイコロキャラメルのサイコロ使ってて、笑えました。抑えるね~。

ハマるのが分かる番組ですわ。6年分全部見て~!

とにかく第一回ということで大泉洋が若い!いまから10年ぐらい前ですからね。最近ではテレビドラマの『東京タワー』にも出演というか主演か。『水曜~』がきっかけですからね~凄いですよまったく。大出世でしょう。

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

水曜どうでしょう

ついに『水曜どうでしょう』DVD1~7一気買い決行!と言うことで、これからどんどん見ていくわけですが、これがね~けっこうなボリュームでね、一番長いので322分!5時間22分ですよ。効率良く働けばいい仕事こなせる時間ですよ、こりゃ。

Howdoyoulikewednesday今頃ハマってます、この『水曜どうでしょう』。関東に住んでるもんとしては、よく分からなかったんですが、徐々に分かり始めてきてます。“いくなら一気に”を合言葉に、一気買いですよ。なんか8も出るとのことでそれまでには7まで見終わらなくては、と思う次第であります。

よし、これからガンバって見るぞ!オー!

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

がんばれ!ベアーズTVシリーズ第三話「シャワー嫌いのオギルビー」

なんつータイトルなんだよ、ど~だっていいことじゃないの、なんて思ったけどこれがどうでしょう、感動しちゃいましたよ。

試合後、練習後には必ずシャワーを浴びること、とラパント先生から命令されます。泥だらけで教室に出られたら困る、という理由からです。じゃあそうしましょう、と今日から早速シャワーを浴びることに。シャワーを浴びると試合に勝てる、なんていいかげんな理由をメンバーに言って、シャワーに行かせます。そこでオギルビーは、「これから音楽のレッスンがあるからシャワー浴びる時間がない」と言い、分かったとバターメーカーは適当に返事します。しかし、毎回浴びないことにバターメーカーは疑問を感じ、オギルビーに理由を聞きます。まぁ単純に恥ずかしいと。人前で裸になるのが恥ずかしいわけです。ここで、バターメーカーは自分が小さい頃髪が赤いのが恥ずかしくでシャワー浴びる時も帽子かぶってた、とオギルビーに言います。オギルビーあまり納得しません。けどそのあとも説得して受け入れさせます。オギルビーのために、ラパント先生と話をして「じゃあ、一人で浴びれるように時間をつくろう」となります。でオギルビーは一人でシャワーを浴びます。贅沢だね、まったく。メンバーはなんだよ、それ~、と文句たらたらです。バターメーカーはみんなそれぞれ悩みがあるだろ、となだめ、みんな自分の悩みを告白します。歯医者が嫌いで歯ブラシも見たくないとか、明るいと眠れないとか。次の日試合でバッターボックスに立つオギルビー。すると対戦相手が服を脱げないことを知っててヤジります。あまりにもしつこいヤジにレジーが怒ってケンカをふっかけます。そして大乱闘。そのときオギルビーは自分のために、こんなことになってしまったと感じ、この乱闘を収めるために、一枚また一枚と服を脱いでいきます。ここでオギルビー恥ずかしさを克服するんですよ。

いや~なんて言っていいのやらですが、けっこうね感動しちゃうんですよね~。とくにレジーがヤジってたピッチャーに向かっていくとこなんて、ぐっときます。友情ですよ、友情。

余談ですが、見ていてスタジオで撮影したカットにロケのカットをつなげるという荒業があって、さすがアメリカ!と感じちゃいました。背景全然違うじゃんかよ。

ベアーズ、キャラ豊富で面白いわ。

「Wrestle JAM」横浜大会

今日は初めて“ドラゲー”を見に行ってきました。週プロなどで情報は得ていましたが、正直勢力図などもまったく頭になかったため、分からないことだらけでしたが、よかったです。

“ドラゲー”とは“ドラゴンゲート”っちゅう団体のことでプロレスです。NOAH派の僕がなんで見に行ったか!?まぁ単純で、ほか弁買いに行った時カウンターにドラゲーの割引券が!これは貰わねば、と手に入れたんで、いっちょ行ってみるか、てことです。4000円が2500円で見れるんですよ。しかも赤レンガ倉庫でやる、てことで近い!仕事適当に切り上げて行っちゃいました。行ってみたら当日5500円の席が2500円で見れました。ラッキー。

いや~女性客の多いこと!凄い。最近プロレス見に来る女性が増えたとはいえ、ここまで多いとは!約半分ぐらいは女性でしたね。ドラゲー人気す、凄いっス。しかも平日の18:30開始なのに開始時刻には満員でした。

DragonCIMAとかマグナムTOKYOとかは知ってましたが、他の選手は写真で見たことあるぐらいで、ドラゲー初心者の僕としては勉強不足でした。しかしそんな僕だからこそ新鮮に見れることがあって、発見しましたよ、いい選手を。面白い、結構ツボです。

“B×Bハルク”という選手で、本名・石原輝政、札幌出身。こんなこと、どうでもいいんですが、まず入場が面白い。ハルク選手は真っ白なロングタイツを穿いています。いかにも正統派って感じ。でダンサブルな曲で登場しますが、1人じゃないです。4人の女性ダンサーが先導しての入場。そしてリングにあがって全員で踊り始めます。これが結構しっかりした見ごたえのあるダンスで、ダンサーの女性の意気込みを感じとれます。ハルク選手は要所要所でバクテンしたりします。こん時ね、女性のダンスは素晴らしいんです。ほんと素晴らしい。ライブのバックダンサーバリなんです。激しいんです。けどねハルク選手の顔がほんと人の良さそうな、一切悪口なんて言わない、やさしい感じで、見た目的には氷川きよしの目つきがやわらかくなった感じなんです。下北あたりのホストって感じかな。新宿や六本木じゃないんだよな~。でね、このギャップがツボでした。まったくプロレスラーっぽくないんですよ。これから試合だろ?ほんと試合すんの?て感じで闘争心のかけらもない表情でリングに上がってて、すまして踊っちゃったりして、もうね昭和だったら殺されてるね。猪木が上にいたら、ボコらてるよ裏で。この選手面白いわ~。情報得ないと。

ドラゲー、初めて見ましたが良かったです。試合自体結構面白かったし、盛り上がるし。人気があるのが分かります。

MUSIC FAIR 21

出てましたね~、美里さんが。もうすぐライヴなんでどんどん出とかないとね。

今回は女子十二学坊と一緒です。十二学坊っていっても十三人いたんですけど、別に問題なかとですか?

今回美里さんは『異邦人』『時の流れに身をまかせ』『WHAT A WONDERFUL WORLD』『お願い太陽~夏のキセキ~』と4曲も歌ってました。最初の2曲は十二学坊とコラボです。

『異邦人』と『時の流れに身をまかせ』がよかったな~。名曲ですよね。あ~カラオケ行きて~、って思っちゃいました。

結構人の歌、うたうのってかっこよくないですかね?僕の記憶で一番古いのは、サザンの桑田さんが『アコースチック・レボリューション』というライヴでサザンじゃない他の人の歌をうたってて、かっこいい~て思いましたね。今でも『アクト・アゲインスト・エイズ』でもやってたと思います。『ヨイトマケの歌』とか歌ってましたね。CMで西城秀樹さんがWINKの『愛が止まらない』を歌ってましたね。これもかっこよかった。

今回美里さんは同姓の曲でしたが、ぜひライヴでは男性の曲歌ってもらいたいものです。昭和の歌謡曲がベストでしょ。

さてあと2週間ですよ、山中湖ライヴ。雨さえ降らなければいいんですが。結構ライヴ雨降ったりしてるからな。準備だけはしていかないと。ていうかまだチケットが来てない。どんな場所なんだかも分からないし、どうなるんだろう…。

一期一会キミにききたい!

今回は思ったより期待はずれだったな~。もっと来るかと思った。

今回は『アツくなれない女の子の話@足立区下町ロック魂』ということで、今まで何かにアツくなったことのない女の子・安藤晴菜(19)さんが、夢を追いかけてるバンドマン・塘知之(24)と出会うということで、かなりかなり期待してました。

結構ね、皮ジャンにリーゼントで「この俺の熱い魂の叫びが聞こえるだろ?俺の体には熱いロックが流れてるんだぜ!大人なんか信じるな!ベイビー」なんて感じのイチエさん期待してましたが、結構普通のバンドの方でした。真面目にバイトして稼いでました。物腰も柔らかい感じだし。まぁNHKらしいと言えばそれまでですが。けどね、いたんですよバンドのメンバーに。期待出来る人が!

ライヴ終わりにみんなで打ち上げに行ったんですよ。そん時、晴菜さんはバンドのメンバーにどうしてアツくなれるのか?聞いてみました。「がんばってしんどくなることないですか?」いままで一度もアツくなったことがない晴菜さんには“アツくなる”ということがまったく分からないんです。経験がないから。色々な意見を言ってくれます。冷静に、自分の経験を語りながら。「何もしない時のほうがしんどいかな」そういった意見を素直に受け入れる晴菜さん。そこで出ました。いままで黙って話を聞いていたドラムやってる人が「何でそんな簡単に、人の、見ず知らずの人の意見受け入れられるのか分かんねぇ。自分の意見ないの?自分を出してないじゃないですか。なんでそう納得すんだか分かんないんだよな。なんかさぁ、この会話の意味あんのかな?自分みたいな年下が言ってるのに食って掛かってきてもらいたいぐらいですよ」おぉ~やっちゃえ、やっちゃえ。こういうの期待してました。その時、黙り込む晴菜さん。そして涙。彼女は自分の考えが何もないことを打ち明けます。そんな自分が嫌だから変わりたい…。ここで終わります。なんだよ~もっと言っちゃえよ~。ドラムよ~。お前の顔キムジナーに似てんだよ、とかさ~。ってこれ俺が思っただけか?!

けどねアツくなるって難しいのかな?なんか自然にこれやりたい、って思えるものに出会えればいいですけどね。そんな人ばかりじゃないですからね。気付けば何も見つからないまま、てこともあるわけだし。気付いてないだけで見つかってることもあるし。ある種見方次第というのもあるしね。どう受け入れるかだったりもするし。考えすぎが一番良くないんでしょうね。う~ん考えすぎよくないね~。

そうそう今回は2人で歌を作って路上ライヴをする、というミッションがあって、晴菜さんと知之さんで一緒に作ります。いままでの自分を振り返り、これからこうしていきたいという晴菜さんのアツい詞が書きとめられます。意外とアツい思いもってるんですよね。今までの自分から抜け出して、新しい自分に生まれ変わることへの思いが綴られてました。

たった4日間でしたが、晴菜さんの表情がだんだん明るくなったいったのには驚かさせました!これほんとビックリですよ。アツくなれるものがあるって、幸せなことなんだな、と実感です。

次回は内気な女の子が度胸をつけるため、女子応援団長に出会う!女子応援団長じゃなくてもいんじゃね~のか?

小橋、手術成功!

昨日(7/6)、体腔鏡による右腎腫瘍摘出手術を終え、手術成功!他の臓器への転移は見られなかったとのこと!!!経過も良好とのこと。

いや~よかったよかった。これで一安心です。

手術時間が5時間30分もかかったなんて大変だよな~。それでいて小橋選手の筋肉は普通の人の3倍以上あるとのことで、なかなか腎臓まで届かなかったらしい。筋肉ありすぎるのもどうでしょうね。まぁこのお蔭で“鉄人”との異名をもってるんでしょうけどね。Kobashi02

ほんと成功してよかったですよ。あとはゆっくり休んで完全に良くなってから復帰してください。待ってます。

一期一会キミにききたい!

笑ったな~。今最高に面白い番組です!

今回のテーマは“男性と自然に会話する話@六本木接客業の現場”と言うことで、いわゆる男の人と2人きりになると自然と会話がはずまなくなってしまう女の子の話です。

イチゴさんは山梨の大学に通う22歳の佐藤英恵さんで、イチエさんは六本木で接客業の仕事をしていて、しかも社長!それでいて大学生の21歳の寺尾晴華さん。

とにかく今回大爆笑してしまったのは、佐藤さんが山梨から出てきて、寺尾さんの職場の六本木に行くわけですよ。そのときカメラは地下鉄の階段を上がってくる佐藤さんをとらえるわけですが、その時の佐藤さんの格好が六本木に馴染んでなさ過ぎた!ピンクのカーデガンに白いブラウス。なんかね~子持ちみたいだった。もう主婦ぽくてしかも持ってたバックがチェックの柄だったのも、子どものバックを持ってあげてるみたいで、22歳じゃなかった。あの不釣合いさがほんと、田舎から出てきたばっかて感じで、「田舎からでできたんだげど、アマンドどごですが?」みたいな感じで噴出しちゃいましたよ。またね寺尾さんとツーショットになるとハッキリしちゃうんだよな、これが。雑誌で例えると、“JJ”と“主婦の友”みたいな感じです。おもむき違いすぎんだろ!

さてさて内容ですが、見ていて思ったのが佐藤さんは男性と会話することに考えすぎちゃうんですよね。なにか意味を求めてしまう。そのためなかなか弾まなかったり、間が空いてしまったりして、この沈黙どうしよう…ってなっちゃうんです。一方寺尾さんは言い方悪いですが、何も考えないって感じの会話術をもっていて、軽い感じですかね。その場その場での会話でなにも残らないような会話って感じです。けど、ほんとよくこれだけ対照的な2人を出会わすよなと感心してしまいます。

佐藤さんにはトラウマがあって、佐藤さんともう一人女性、あと一人男性の計3人で会話をしていた事がありました。佐藤さんが男性に話しかけたんですが、その男性は答えをもう一人の女性のほうを見て答えました。もう一人の女性は佐藤さんとは見た目まったく違う感じの人で、その時「ああ、男の人って中身じゃなくて見た目で女性をみてるんだな…」と感じたらしく、そのことが心に残っているため、自分に自信がもてなくなってしまってるんです。自分に自信がない、というのが根本的な原因なんですが、このことを本人が分かってなく、しかも自信なんて考えたこともないというから、これまた厄介で。

結局佐藤さんは考えることで打破しようとするんですが、やっぱり会話ですからね、生ものですから、そう考えて上手くいく訳なくて、ダメ出しされます。寺尾さんのサッカーサークルの人達からもダメ出し。みんなから「考えすぎだよ」と。ただ考えることで自分を支えてる佐藤さんは、その部分を否定されると、もうなにもなくなちゃうわけですよ。いままでの自分を全否定され、涙流します。

佐藤さんは今回寺尾さんに会って、アタマがカタイこと、考えすぎることを指摘され気付かされたことが、よかったんじゃないかな。たった3日の出会いでがらっと変われるとは思いませんが、そういう自分に気付いたことが大事で、これから少しづつでも変わっていければいいんじゃないだろうか。

見ていて、カタイな~とは思いました。なんか理屈っぽいんですよね。こうだからこうでこう!みたいな。別に悪くはないけど、そればっかりじゃないからね会話って。適当にしゃべってなんにものこらない会話っていうのもあるし、意味あることだけじゃ息苦しくなっちゃうでしょ。世の中にいろんな人がいるように、色んな会話があることを見つけてもらいたい。ここまで言ってなんですが、正直どっちかっていうと僕は佐藤さん派ですけどね。気持ち分かります。言葉が出てこないから、理屈考えて言葉をさがし出してるんでしょうね。けどこれだと限界があるし、つまると変にカタイ内容の話に言っちゃたりと…。会話ってマニュアルじゃないんで、考えてもね。

佐藤さんの涙が無駄にならないように、自分に自信をもってもらいたいですな。

次回は、何かにアツくなったことがない女の子がミュージシャンに出会います。キター!

小堺一機&柳沢慎吾LIVE不定期ライブマンコミック君 テレビくん登場の巻

とにかく柳沢慎吾が最高におもしろいです!ただ1人だとまとまりがなくなるので、ここでムッくんがナビします。いいコンビですよ。

一見なんの共通点のない2人ですが、かなり重要な共通点がありました。2人共デビューのきっかけが『ぎんざnow』です。素人コメディアン道場でチャンピオンになり、この世界に入りました。ちなみに関根勤・竹中直人らもここ出身です。素晴らしい人が輩出されてます。

とにかく大爆笑です。柳沢慎吾の番組モノマネは最高!警視庁密着24時、高校野球、スーパーニュース、火サスと、まぁね、すばらしいですよ。よく見てんだよな~、ほんと細かく描写している。たぶん役者心で観察力の凄さなんでしょう。完璧です。中でも、若山富三郎先生との話はすごい面白い!こんなこと実際にあるなんてスゲーな。とにかく最高のエピソードです。

簡単にいうとまだ若かった柳沢慎吾が大御所中の大御所若山富三郎先生のことを知らず、このころテングになっていた柳沢慎吾は「チ~ス」なんて挨拶したことがらはじまり、こっから悪いことが重なって重なって、とんでもない事になります。こりゃね、普通じゃありえません。若山先生とのまるでコメディのような話です。先生「う゛ぉ~、やなぎざわじんご~」なんて返事すんのかな?けっこう誇張しすぎのエピソードです。まるでその現場にいるかのように状況を説明してくれるので、伝わる伝わる。会場大爆笑です!

動画で見たことないんですが“山田太一”のモノマネはなんだか笑えた。たぶん知らないのに笑える他の学校の先生のモノマネの感覚なんでしょうね。「台詞は滑舌良くね」

柳沢慎吾の魅力たっぷりの舞台です。最高!

スジナシ~勝村政信

さすが『元気が出るテレビ』出身!この衣装での登場には笑いました。

今回のゲスト勝村さんが用意した衣装は、クマの着ぐるみでした。くやしがる師匠。やられた~て感じで「言ってくれれば俺もそれに合うのにしたのに」後悔後悔でした。

場所・ビルの屋上、役柄・男2人、設定・特になし。ビルの屋上=ぬいぐるみショウという発想で着ぐるみを用意したとのこと。そうかも~と納得です。

ビルの屋上にいるクマの着ぐるみを着た勝村さんとスーツ姿の師匠。「部長…」と声をかける師匠。これで上司と部下のかたちのなり、ここからはリストラされ着ぐるみのショウの会社に再就職が決まったが、年下の上司との人間関係に疲れ辞めたいという師匠と慰める勝村の図式でドンドン進みます。

勝村さんは上司であることをいいことに、やりたい放題やってきます。クマのアタマを渡し、もう一回やる気持ちを奮い立たせるために、「練習してみたらいいじゃないですか?」とやらせます。「クマはメインじゃないですか…いいんですかクマ?」とクマの格を決め遠慮する師匠。自分のクマへの道のりを伝える勝村。「がんばってクマになったんです。最初カメからはじまりましたから」かなり適当。こっから勝村さんの師匠イジメがはじまります。やらせるだけやらせます。パターン的には55号のコントのパターンでいわゆるテンドン。スキップさせて、名前言わせたり、フランス語言わせたりとイジメるイジメる。これがかなり笑えます!

もうこの衣装を用意した時点で、勝村さんの勝ちでした。面白い!

スジナシ~大竹しのぶ

即興劇だからこそ、その人自身が出るんだな~と思わされました。完璧に大竹しのぶの演技で、ワールドでした。やっぱ女優は凄いですね。師匠引っ掻き回されっぱなしでした。

今回は、場所・ボロアパートの一室。役柄・男と女。設定・特になし。部屋の中に師匠、外に大竹しのぶでスタート。

いきなりダッシュで部屋に入ってくる大竹。師匠に「ゆきおちゃん!まさおちゃん!誰だよ?」なんていきなり先制攻撃。ゆきおちゃんでも、まさおちゃんでもない?!俺は誰だよ!と困り果てる師匠。結局ストーカーになってしまった師匠。こっから大竹しのぶテンションアップで大竹しのぶの演技爆発です。まるで『男女7人』のような会話の展開ぶりです。ただやっぱりアドリブなので笑えるところがあって、お弁当を持って入ってきた大竹がストーカーの師匠となぜか一緒に食べるシーンになった時大竹が「なんで2個買って来たんだろうね」と言います。そうだよな、部屋に人がいるなんて思っても見ないのに、弁当2個も買ってくるなんておかしい。当然師匠、笑いそうになてました。あとストーカーなので大竹に恋心を抱いているんですけど、ちょっとのことでも敏感なんですよ。以前大竹の部屋に男が入っていった、と師匠が言ったら「お父さんだよ」なんて切り替えされ言葉詰まってました。見て年齢的に想像つくだろ!あの女の男なんて思わねーだろ。この切り替えし、さすがさんまさんの元奥様、バラエティの切り替えしです。

自分の演技を持ってるということと、それが見ている側に伝わるということが役者さんの大きさなんでしょう。これってかなり重要なことで、これがあるのがベテランなんでしょうね。

大竹しのぶワールド炸裂でした。

スジナシ~段田安則

記念すべき第1回です!なんでもそうですが、第1回って、なんとなくぎこちないんですよね。そこがまたよかったりするんですが。
今まで見たのと比べると、細かく指定されていました。登場人物(役柄)昔同じ下宿に住んでいた、先輩
(笑福亭鶴瓶)後輩(段田安則)。場所・先輩の実家、設定・世話になった下宿の大家さんの通夜の後。と今ほど自由ではないんですね。というかスタッフがそこまで細かくする必要性を感じなくなったんでしょう。
段田さんと鶴瓶師匠のものすごく手探りなのが伝わってきます。流れは、かなり自然な芝居です。ただ
師匠は笑いそうになるとセットから逃げてしまうという、暴挙を2回もしてしまいます。この頃はまだ我慢出来なかったんでしょうね。けど段田さんが可哀想でした。間がもたない!1人にされて、しかも第1回、どうはこんでいっていいのやら…困ってました。
ストーリーは通夜の後、先輩の実家に行き昔話をはじめます。ここで師匠が大家さんと出来ていた!な
んて話しにもっていきます。驚く師匠。そして段田さんに「結婚はしないのか?」なんて独身だであることを設定づけます。そして最後に師匠は現在失業中。で200万貸してくれと頼みます。
なんともいい感じで自然でリアルな空気ができています。ただビールを飲みながらの芝居は段田さんに
はキツく、飲めないんで、途中からヤバくなってたそうです。
初回のリアルな緊張感が伝わってくる作品でした。

小橋、頑張れよ!

今回の小橋のことは正直かなりのショックです。“小橋が腎腫瘍摘出で無期限欠場”と会見での報告ですが、悪性の可能性があるということは腎臓ガンの可能性があるということで…早期発見とのことですが心配です。あれだけの体の選手なのに…と勝手に思ってしまいますが、はっきりとした想像がつきません。どう言っていいのやら言葉が浮かびません。とにかくゆっくりでいいので、治療に専念して下さい。NOAHの選手だけでなく団体の枠をこえて心配してくれてる選手、関係者がいることは、小橋選手がプロレス界にとってかけがえのない存在である証です。

今回のことで武道館のカードが白紙になり、改めてカードが発表されました。

高山&健介vs秋山&三沢Kobashikunsuke

健介が出てくれることになりました。正直NOAHの選手でく るかな、と思っていたので驚きました。健介がブログで「命一杯、努めさせて頂きます」とコメントしてました。去年の7月のドーム、今年の2月の後楽園と2試合しかしてませんが、お互い似た境遇の2人、深い友情です。このカード何も言う事はありません。小橋を背負って戦う健介。健介以外もみんな小橋のことを意識しながら戦うと思います。最高の試合になることでしょう。

なんでも秋山選手のブログでは、すでに小橋選手、医師に練習のことまで聞いてるらしい。ゆっくり休めっつーの。ミスタープロレスには、プロレスのこと以外頭にないらしい。

絶対王者 小橋建太!復帰戦は派手にいきましょう!みんなが待ってます!

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »