2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

水曜どうでしょうリターンズ 日本全国絵はがきの旅 第二弾 最終夜

あの“宮崎県高千穂 刈干切り”の場所が見つかるのか?!今回最終夜です。

出発前、宿の人に絵はがきを見せたところ、この場所“国見ヶ岳”だといわれ、ミスターが見つけた川からポイントを三ヶ所に絞ったところの一つと一致しました。では早速向かいましょう、と言うことになったのですが、この川を見つけたミスターに悔しいと大泉さん。「おれはただの運転手じゃね~か」とボヤキます。「編集でおれが見つけたことにしねぇ」かなんて言い出します。

捜索中にそれらしき場所を発見!ミスターテンション上がりまくります。勝手に車から降りて、大興奮!しかしカメラもすべてまだ車内なので、まったくミスターの言葉は拾えず、しかも車を一旦止めに行くのでどんどんカメラはミスターから遠ざかっていきます。

大泉さん一行が近づいていき、見てみると見事絵はがきとほぼいっしょ。けどまだピッタシではないので、この近くを移動することに。しかし、カメラ回ってないところでやられてもさぁ、と大泉さんに注意されるミスター。そして、次のポイントでまともやミスターどんどん行ってしまいます。大興奮してます。

やっとのことでピッタシの場所を見つけました。しかしこの絵はがき相当古いので、若干風景が変わってました。藁葺き屋根は瓦に、以前なかったところに橋が出来、そして植樹されていて絵はがきには邪魔な木が植えられていました。時代を感じさせられますよね。

では次どうするか?無理して出来ても明日の朝まで。ここで三択にすることになります。

出羽三山か、富士山か、宮崎・照葉大吊橋か。

出羽三山は面白い!富士山はこれぞ絵はがき!という風景。宮崎・照葉大吊橋は正直どうでもよくて、単に宮崎に一泊したいという理由から。そしてどうでしょう班一押しの宿“綾陽亭”に泊まりたい。しかも空きあること確認済み!

さて引くのは、ミスターか大泉さんか!

いままでの流れでいくとミスターが引くとヤバイ訳ですよ。時計台引いちゃったりしてますから…。予想ではミスター“出羽三山”大泉さん“照葉大吊橋”。藤村Dの判断は、「ミスターお願いします!」大勝負に出ます!

絵はがきの質感などでの判断も出てくるのでカードを引くのではなく、地面に置き、上・真ん中・下を指定する方法をとります。ミスターにかかってます。

後ろ向きのミスターが振り返り、真ん中を選択。緊張感の漂う中、みて見るとなんと“照葉大吊橋”!宮崎一泊決定です。驚く一同。若干ミスターがテレビ的にマズイかなという表情でしたが、みんな大喜びでした。

時間もあるので宮崎の絵はがきのみで、色々行って見ます。真名井の滝・高千穂神社・青島と。そして日南海岸のモアイ像に行きます。まぁ有名観光地なんでしょう、あっさりと見つかっちゃいました。ここで藤村Dはヤラセを敢行!大泉さんにモアイを見つけてもらい、その勢いでここの急な丘から転がり落ちてくれ、と。「死にはしないけどケガはするぞ」といいながらも大泉さんテイク3までこなしました。

次の日“照葉大吊橋”にいって終了。

ミスターのテンションには笑った。

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

太陽

昭和天皇を描いた作品『太陽』を観てきました。

とにかくイッセー尾形の演技力、想像力の凄さを感じました。観ていて実際こんな感じなんだろうな、なんてリアルに感じさせられた。取材出来ないだろうし、映像資料も限られてるだろうし、僅かな資料から想像して作り上げていったんでしょう。人間観察力の凄さを感じました。

ストーリーは、第二次世界大戦中の日本。これ以上戦うのか降伏するのかの選択をする天皇。自ら同じ“人間”であることをそれとなく言ってはみるが、まわりからは“神”と存在を崇められている状況があり、そのなかでの“人間ヒロヒト”の苦しみが描かれています。

実際こうなのか、というのは分からないけど、映画、フィクションとしての内容としてはよかったです。ただこのアレクサンドル・ソクーロフ監督の意図が読めない繋ぎ方があり、気になって気になって。イマジナリーラインを無視した所は、どういう意図なんだろう?う~ん分からん。もう一回じっくり観たい。

水曜どうでしょう写真集2

あぁ、どこまでハマってんだろうか…。『水曜どうでしょう写真集2』買っちゃいましたよ、まったく。

上品で印刷の、のりのよさそうな“ミルトGA”。603枚のスナDoudesyoubook ップ写真。いい感じです。

あとがきでは、どうでしょう班のそれぞれの想いが書き綴られていて感動です。

気になったのが札幌PARCOでの写真展の写真。これから想像すると渋谷PARCO小祭り、混みまっせ~。

ベストショットはなかなか決められませんが、5人目のどうでしょう班の一員として楽しめる思い出深い写真集です。

 

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

プライドにタイソン参戦!

なんとタイソンがプライドと契約!

東スポによるとマイクタイソンがプライドと契約したという。ことしは日本と中国で“男祭り”が開催される予定で、その“男祭り”の中国での大会にタイソンが出て、ヒョードルと戦う!らしい。

これが実現したら凄いぞ!どっちが勝つか、なんていうことよりも、この2人が対角戦上にいるだけで、鳥肌もんですよ。まばたきなんかしてらんないぐらい凄いシチュエーションですよ。

ただやっぱり色んなカードを想像すると結構なワクワク感がありますが、ミルコやシウバなんかね、しかしタイソンがリングに上がるまでは安心できないですからね。いくら契約したからって必ずしもリングに上がるかどうかは分からないし、上がって試合してこそですから。

とにかくリングに上がってくらることを願うばかりです。

はじまったらスゲーぞ!

1X8いこうよ!

今回の『1×8観光組合』は浦臼町。

なぜか今回から関西人キャラになった大泉さん。さっそくベタなしゃべりで進んでいきました。

なんで“浦臼町”なのか?

事前に役場などにアンケートを送りました。その回答してくださったなかで、“新たな観光スポットは”“観光の重要ポイントは”“観光の課題点は”などの回答にすべて“特になし”というまったくやる気のないところだったためです。かなりやる気ナシ。

さっそく行ってみるとそこそこ案内してくれてました。

鶴沼公園や坂本竜馬の子孫の墓や渡し舟があったりと、見せ場はあったのですが、最後に行ったところが面白かった。

蕎麦屋なんですが、自分で打って食べれる(限定ですが)ところがあって“そば工房 つるつる”といいます。おじゃますると出てきた店主のあたまがつるつるで、店の名前のつるつるは蕎麦のつるつるなのか、頭のつるつるなのか分からなくなりましたが、さっそく中で蕎麦打ちを始めます。

二八蕎麦が簡単とのことで始めますが、なんともこの店主せっかちに進めていきます。丁寧にというにはほどとおい教え方で、どうやるか聞くと、こうやりますなんて説明しながらこの人がやちゃいます。とにかく慌しい。なんでも“水まわし”とうい工程までは急がないといけないらしく、ここで時間をくってるとおいしい蕎麦が出来なくなってしまう、ということでした。

できた蕎麦は美味そうでした。

“牡丹蕎麦”と言って町でブランド化を進めてるらしく、役場の人の“特にナシ”が意思の疎通が出来てないことを感じさせました。

けどあの慌しさは教えるのに適してないと思う。

ドスペ 内Pスペシャル

夕刊で気付いたよ、夕刊で。あぶね~な、まったく。気付かなかったら、かなりの後悔ですよ、これは!不意打ちすぎる。

今回はかなりのおもしろさでした。『女性が選ぶオトナの男BEST10』ということで、オトナの男の条件をランキングで紹介しつつ、コメントしたり実践したりしていくのですが、“ホットヨガのレッスン”が笑ったな~。

色々なポーズをやっていって、「このポーズは何に効くのか」なんて聞かれ、ボケていきますが、1番笑ったのが、目隠しして、先生の言葉をたよりにポーズをしていくやつ。意外と言葉って伝わらないんだな~なんて思いましたが、それが功を奏して大爆笑でした。

「右手を上げてひじをまげます」なんて言ったら、先生は右手を上げたまま、ひじから上だけ下にさげまげましたが、三村は、ひじをまげそのまま肩の横にさげちゃいました。自転車の右折だか左折んときに、肩からL字にまげるポーズがあんでしょ、あれですよあれ。最終的には両腕L字で、マットにピタッと座っちゃって、足前に伸ばしてて、なんのヨガにもなってないポーズで、かなり楽そうになってました。なんの効果もないぞ、ありゃ。

最後は三村邸に行って、野球やってました。2位の“気負わずホームパーティができる”なんていう条件で。けどいい家でしたね。活躍してんもんな~。スゲ~よ。

1位“何事にも慌てない”という条件のとき、出ました“猫男爵”いつの間にか三村邸の風呂に入っていて、いつもどうり泡まみれで登場。新居をあらされて、最後には三村が壊れてました。

ひさびさの内P。やっぱり面白い!ちなみに今回のメンバーは、さま~ず・ふかわ・インパルス・アンガールズ。アシスタントが片瀬那奈。けどゴルゴ・レッドがいないのが残念。

水曜どうでしょうリターンズ 日本全国絵はがきの旅 第二弾 1

『水曜どうでしょう』は旅番組だ!みなさんに美しい風景を見せなくては!ということで、『日本全国絵はがきの旅』がはじまったらしい。第一弾は見てないので、詳しくは分からん。そして今回第二弾!久しぶりにHTB駐車場からのオープニング。

数ある絵はがきの中から大泉さんが引いたのは、“茨城県 潮来十二橋を行く娘船頭さん”ということになりました。地味なとこ引いちゃったな~なんて言いながらも、探し探して見つけました。

船着場で以前娘船頭さんだった人に、絵はがきを見せて詳しく聞いてみると、四橋のところということが分かりました。そこからさらにおばちゃん船頭さんがどこからともなく集まってきて、この娘船頭は“キヨちゃん”であることが判明。凄い!後ろ姿なのに分かるなんて!それではさっそく船に乗って四橋へ、と思ったら「これキヨちゃんじゃねぇ。ナカズの船頭の柳田さんだ」と言うことが判明。正直どっちでもいい問題ですが、潮来星人にはハッキリしないといけない問題らしい。違うグループの船頭らしい。

潮来星人の船頭さんに連れられ、四橋到着。ここで絵はがきと同じ構図でパシャリ。橋は新しくなり、アヤメは咲いていない、絵はがきとは比べものにならない殺風景な感じになってました。

では次どこがでるか。中州の夜景があるとのことで、テンション上げる大泉さん。そして時計台がこの中に入っているので、それは絶対引かないように。終わっちゃうからね。ということでミスターが引き当てたのは“札幌時計台”!ミスター凄い!!!

これで終わるのかよ…と真っ白になる藤村D。しかし「札幌で終わるなんていってないですから。あくまでも通過点です。行きましょう札幌」とミスターの切り替えで一同札幌へ。

次回は札幌時計台からスタート。どうなんだろう、楽しみだ。

 

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

全日 8.27両国大会

両国大会のカードが決まったわけですが、僕としてはなんとも納得いかない感じです。

メインが馳の引退記念試合なんですが、どうもな~。やっぱ三冠でしょ。やっと念願かなってケアが取って、対戦相手に王道・川田が来るんだから、このカードがメインでしょ。と思うのですが、馬場全日本だったらこうだったのかな、と思います。今は武藤全日本、三冠よりか馳選手の引退なんでしょう。武藤には三冠なんてほとんど関係ないんでしょうね。まだケアにメインは務まらない、ということなんですかね。馳に試合で締めてもらって帰宅に着く、ということなんでしょう。まぁ、まだムタより下じゃないだけいいんですが…。

けどな~なんか腑に落ちない。だいたいこの大会のポスター3種類あるんだけど、一つは馳選手の引退のみのポスター、もう一つは武藤小島の写真を使ってて、わずかに他の選手がのってるもの、もう一つがムタをイメージしたもの。なんで三冠がねーんだよ。それでいて、ケアが載ってるのなんかちょっとしかないし、ほとんど元新日メンバーの内容のもので出来てる。武藤らしいんだろうけど、いかがなもんかと思ってしまいます。

こうなったらケアvs川田にメインを食っちゃうぐらいの試合をしてもらうしかないでしょう。ケア頑張れよ!

『私のこだわり人物伝』 ジャイアント馬場 第1回

今回は第一回目です。『巨きいものが必要だった』

精神科医の香山リカさんと馬場さんの偶然の出会いが語られました。なんと4歳のとき空港でおおきなものにぶつかったのが、何を隠そう馬場さんで、この出会いが香山リカさんの“人間として第二の誕生”を迎えたとのことで、このときから馬場さんに対しての記憶が始まります。

なんとも凄い出会いだこと。運命的ですよね。

結構番組的には、貴重なVが流れて坂口征二が馬場さんについて語ってるのなんか、すげ~なんて思っちゃいました。東京タワーズなんていうタッグチームで活躍してた頃の写真が出てきたりしていいVでした。

馬場=坂口ラインがあったからこそ、新日のドームに選手を貸し出せたんですから、いい関係がずーと続いていたんでしょう。

馬場さんのお姉さんが出たきたのには衝撃でした。しかも2人いた。けどよくよく考えると馬場さん亡くなったのは61歳だからけっこう早死にですよね。まだまだ生きていていい年齢なんですもん。お姉さんはまだ現役で野菜を売ってました。その後、馬場さんの靴を持って来てくれてました。やっぱりでかかった!

番組ではどういういきさつで、馬場さんがプロレスラーになって行くのかが語られてました。巨人軍にスカウトされ、二軍で活躍したが、一軍に上がれず解雇され、大洋に行くが肩を怪我して野球を断念。そしてパーティーで出会った力道山に会いに行き、プロレスラーの道が始まります。

途中色んな映像が出てきて結構貴重なものでした。街中歩く馬場さんの映像なんか結構貴重な感じでしたが、けどこれってなんのための映像なんだろう?

来週は『私の選ぶベストマッチ』ということで、楽しみです。映像流れるんだろうか?

『私のこだわり人物伝』 ジャイアント馬場

ついに明日から毎週火曜日22:25~22:50NHK教育の『私のこだわり人物伝』という番組で“ジャイアント馬場”さんが取り上げられます!馬場さんにこだわる人は精神科医の香山リカさんです。

とにかく楽しみですよ。プロレスファンとしては標準だよ、標準。録画いっとこうーてな感じで、まだビデオっつーのが情けないですが。

このテキスト結構いい写真が載ってて、喜んじゃいました。若き頃のファイティングポーズやオープンカーに乗ってのパレードの様子(こんな歓迎ぶりはもはや今では不可能。いい時代だな~)NWA奪取した時やブロディとの試合のカットなど。けどブロディにかんして取り上げてるなんて、いいセンスしてるわ!まだ他にもいいカットが掲載されてますが、僕が一番イイ!と思ったのは、売店でTシャツにサインしている馬場さんです。してもらったな~。懐かしい。いまでも持ってますよ、サインしていただいたTシャツ。もう着れないですが、貴重なTシャツです。

番組の内容は、日本の時代背景と絡めながら、馬場さんの人生を語っていTanoshimuく感じで、正直まだあんまり読んでないので、詳しくは理解してませんが、もうね、番組はじまるから見てのお楽しみということで。

4月には“寺山修司”そして8月には“ジャイアント馬場”いい人選だよ。そして9月には“円谷英二”です!凄い!これは見続けないとまずいぞ。

水曜どうでしょう~ジャングル・リベンジ

前回の『ラストラン』から一年九ヶ月、待望の新作が今回のDVDの『ジャングル・リベンジ』ということなんです。DVDとリターンズしか知らないのでリベンジ前は分からないのですが、相変わらず面白い!

Wednesday0602_1 今回11日間スケジュールをおさえられてます。またもや行き先を教えてもらえずのスタートです。「今回は好きなところに行こう」と言われ、今回ミスターの行きたいところ、ということで二箇所あります。まずは、シンガポールへサッカーを観に行きます。当時ワールドカップ一次予選をやっていたのです。そしてもう一箇所はアンコールワットへ行きます。しかしこのアンコールワットがウソで、大泉さんは3日間ダマされます。

3日目の夜、偶然にも以前ジャングルに行ったときと同じホテルに宿泊。これが偶然ではなく、狙い通りなんです。ここで、ミスターが思い出ばなしをしながら、やっぱりあの時はトラを見た!といいはり、いやあれはシカだったでしょ、とお互い言い張ります。そこで「じゃあ、いいよ。確かめに行こう!」この一言で事態が急変。狙い通りなんですけどね。察する大泉さん。そして「どうでしょうがチンタラチンタラ旅するわけね~だろ」の藤村Dの言葉で決定的に!そしてここからジャングルにトラを見に行く旅が始まります。これがキツイんだ。

計5日間ジャングルにいますが、一番笑ったのが“大泉さんハッピーバースデイ”ですね。ジャングルで31回目の誕生日をむかえミスター、藤村D、嬉野Dと3人が祝福してくれます。沢山のプレゼントを貰います。

まずは、ピンクの帽子。登山帽みたいなかんじの物です。目立つます、これは。そして次は優勝カップ。「僕これ何に優勝したの?」そこには“第31回 御存知大泉洋 お誕生日記念 優勝”と書かれてます。北海道ということでクマが付きです。次は「これは貰えないよ。これは高価過ぎるよ」と出てきたのは金の延棒です。しかもただの金の延棒ではなく、ボタンを押すと火が点きます。ライターになってます。まだあります。出てきたのは、クマのネックレス。これは成金ぽかった。そこそこ大きなチェーンにクマの顔がずっしりとぶら下がってます。そして、銀色のガウン。背中には“御存知 大泉洋”の刺繍。パンツもくれて腿の部分に“猛獣”とバッチリ刺繍が。

くだらね~。けどみんな楽しんでいて、大爆笑でした。

いや~やっとDVD7枚見た。ほんと爆笑爆笑の連続で、8弾が楽しみだ。

 

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

HERO’S ミドル&ライトヘビー級 世界最強王決定トーナメント準々決勝

桜庭選手に、俄然注目が集まってた大会だと思います。なんてたって、プライドから移籍第一弾ですからね。注目しない訳ないでしょ。NEW桜庭が見せれるかどうか、最後のチャンスですからね。

正直、プライドだったらあそこで止めてたね。ロープはさんでバンバン殴られっぱなしの状態だったんだから。レフリーが入った時はもう終わったな、と思いましたもの。しかしこれがレフリーストップじゃなく、ドントムーブだったとは。ここから桜庭選手の反撃で、見事勝利をするんですが、亀田選手のときと同じあまりスッキリとしない勝ちかたでした。TBSが悪いんじゃないんだろうけど、続くね。

正直あそこで止めとくべきだった気がします。危ないよ。選手生命が縮まるんじゃないか。もう意識が飛んでたとおもうし、あとは気力のみの勝利でした。言い方かえれば、プロレスラーらしい勝ち方だったのかもしれません。ということは、プロレスラーに理解のあるレフリーだったのかもしれません。ここから、て時に本領発揮すんのがプロレスラーですからね。けどこれはプロレスじゃない。相手の技を受けていくのではない。相手の技をかわして、攻撃するんだし。ほんと危なかったと思う。勝たせたかった気持ちがあったのかも知れないけど、あれは危なかったと思う。

ルールやジャッジに疑問の残った試合だったんじゃないか。勝てても素直に喜べない結果でした。

水曜どうでしょうリターンズ 四国八十八箇所5

『四国八十八箇所』のラストです。

今回の山場は焼山寺。ここへ行くか行くまいかで言い合います。藤村Dはやめとこう派で大泉さんは行こう派。リーダーはどっちでもいいんじゃない派。藤村Dはもう遅いから辞めよう、危ないしと言いますが、大泉さんは行くっつてんだろ、と危険なんて気にせず夜中ではありますが、行こうとします。ここで行かなかったら、明日うどんが食べられないからです。さぁ、どうする。

結果夜中で真っ暗にもかかわらず、焼山寺に向かいます。そしてあとはどんどんとクリアーしていき、見事八十八箇所達成します!(どっか抜けてましたが)。

そして次の日はうどんを食いにいきます。結果4軒行き、たべるたべる。すべての感想が「うまい」とただ一言です。がうまいんだろうな~と感じさせます。

来週は『日本全国絵ハガキの旅2』が始まります。楽しみだ。

 

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

QuickJapan 水曜どうでしょう特集

ここ一、二ヶ月で『水曜どうでしょう』のファンになったんですが、こういう時に意外と思い出すことってあるんですよね。

確か何かで特集やってた気がする。QuickJapanだったかも、と曖昧な記憶を頼りに、バックナンバーありそうな本屋に直行。ありました、ありました。記憶は間違っていなかった。Ouickjapan

QuickJapan Vol.52 “永久保存版 水曜どうでしょう”

内容は、全企画の紹介、どうでしょうメンバーのインタビュー、どうでしょう大辞典、完全放送リスト、と最近ファンになった者にはたまらない内容になっています。ただこれ2004年1月に発売したものなので、その時点の内容となってますが、貴重ですよこれは。

内容はもちろん興味深いものになっていますが、どうでしょう大辞典は最近ファンになった者には堪りません。タイトルの『水曜どうでしょう』はミスターの『水曜ロードショー』のダジャレからきているとか、ミスターの奥さんがミスターと一緒に『DA・YO・NE』の北海道版『DA・BE・SA』というCDを発売してたとか、などなど。

まだあるとこにはあるので、ファンで持っていない人は即、手に入れたほうがよさそうです。

 

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

亀田興毅vsファン・ランダエタ

どうでしょうね、勝ちましたが…。

う~ん、正直、亀田選手の試合を見るのは今回初なんですが、いままでKOが多かった選手の印象があったので、なんか腑に落ちないね。しかも判定で世界っつーのもなんかスッキリしない。こうなったら防衛戦でスッキリしないとイカンですな。

今回とにかく一番気になったのが“入場シーン”なんです。あれなんでしょうね、チャンピオンが先に入場するって?ありえないでしょ。亀田選手の入場の演出なり、番組上の流れなり、いろいろあるんでしょうけど、だからといってチャンピオンが先なんておかしいでしょ。チャンピオンをバカにしてるか、もしくは敬意を称してないか、どっちかなんじゃないか。番組サイドがそうするように言ったのか、その辺は分からないですが、まったくもってありえません。亀田人気だからといっても、向こうはチャンピオンですから。その辺キチンとしないと。

あとねT-BOLANの君が代。おかし~いだろ。あの歌い方で卒業式はダメだね。先生に怒られるぞ。『KIMIGAYO featuring T-BOLAN』みたいな感じですかね?なんじゃそりゃ。

水曜どうでしょう~原付ベトナム縦断1800キロ

涙なみだでした…。DVDでしか知らない『水曜どうでしょう』。なのに最後泣けました。みんなの思いが詰まったラスト・ランですよね。

Wednesday0701 最後の企画が、原付(カブ)でハノイ~ホーチミンを縦断しよう、というもので今回は余裕ありで、スケジュール通りに行けました。ただこれ、このベトナムの気候の変化の凄いこと。さっきまで晴れてたと思ったら雨。そしてスコール。しばらくすると晴れ。そしてこの時期猛暑であり雨季なのに、ダウンジャケット着てる人がいるくらいかなり寒かったりと、いろんな障害にぶつかります。ミスタ-がトランシーバーを落としてしまいます。しかしこのことで奥様登場!だったりと、こんなとこが、この番組に神がついてる幸運なんでしょうね。なかなか普通にいかない“どうでしょう”です。Wednesday0702_1

ラストあと10キロぐらいのところで大泉さんのカブがパン  ク!こん時「(バイク)買ってでも行くよ」の大泉さんの言葉にはグッときました。そしてその時、通訳のニャンさんらがすぐにパンクを直しに修理に持って行ってくれました。「ガンバッテクダサイ」の言葉には、違う国の人にも気持ちが通じてることが伝わってきました。「ありがとう」と大泉さん。ここから、ホーチミンまでの間もう感動していて、言葉が出なかったんだと思います。藤村Dからの問いかけにも、言葉少なげに答えるだけでした。それを察した、いままで無口だったミスターが今向かっている状況を話はじめます。さすがミスター!

そしてゴール。誰よりも先に感極まったのは藤村Dでした。タレントじゃねーのかよっ!なんて思いましたが、4人でどうでしょう、なんでいいんです。

6年間見てきた人にとっては、ほんと涙なみだで感動目一杯だったと思います。DVDだけ見ても涙なんですから。ここから一生どうでしょうがスタートする訳です。ほんとすばらしい番組です。関東でも最初っから放送してればな~と悔しい思いが起こる番組です。

いや~感動感動のラスト・ラン!よかったっス。

 

※ちなみにですが、どうでしょうの着メロ・着うたサイトがあったので紹介しておきます。

ガラケーはココ↓

スマホはココ↓

水曜どうでしょうの着メロスマホ版

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »