« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

K-1プレミアム2006Dynamite

ん~不透明な感じが残ってしまったのが嫌だな…

今回の『Dynamite』メインのカード桜庭vs秋山。なんという後味の悪い結果となってしまった…

結果、秋山選手が勝ちましたが、桜庭選手の「滑る滑る」と言う抗議がマイクにのってて「反則だろ」という言葉ものってました。実際のところは分かりませんが、こういった不透明さがスッキリしない幕切れになり、見終わってモヤモヤ感が残り嫌な終わり方でした。しかもまたレフリーのストップが遅いじゃないか!前回桜庭選手の時に起こったレフリーのストップの遅さ。改正されてると思いきやまたも遅い!もちろんレスラーはここから反撃ということもありますが、これは格闘技。あんなに殴られていたらもっと早めに止めるべきでしょ。正直死ぬ可能性だってあるんだから…

気持ち的には桜庭選手に勝ってもらいたい試合でしたが、やっぱり年ですかね…輝きは失ってないんですけどね。見ていて単純に秋山選手のほうが勢いのあるオーラが出てました。

不透明とはいえ、だからってもう一度はなくていいと思う。桜庭秋山戦はこれで決着がついたと思う。時代だよな…

他の試合、結構見ごたえのある試合が多かったなぁ。特に所選手の試合は良かった。やっぱり所選手は素晴らしい素質の持ち主だと感じました。ホイラー相手にあれだけの試合ができ、ほとんど優位に展開してたし、上手いよな。結果判定勝ちしましたもんね。毎回いい試合が出来る数少ない選手のひとりです。最高です。

カシンはもうダメかな。練習してても実戦が少ないからダメなんじゃないかな。プロレスファンとしてはガンバッて貰いたいですが…

金子賢はダメだね。まだカッコつけすぎ。試合で余裕あるしぐさ見せるほど強くないのに、なんで笑ったりするかな~。アンディがもっと寝技をマスターしてればもっとはやく極まってたのにな、残念。

曙の試合は見事だったね。シルバのアームロック極まってしまったね。シルバ良かった。しかしシルバはいつプライドからK-1に行ったんだろう…

武蔵選手の試合は見事なKO劇だった。しかしだ、相手は陸上競技の選手でしょ。陸上競技の選手相手に格闘家が試合挑んで勝ってもさぁ…。つーか勝って当たり前でしょ。あれはイジメだよねイジメ。こんな試合組まれて情けないよ。いくら武蔵に勝ち星をといっても、良くないよな…。

けど大晦日に完全に定着してきなよな~。しかし試合放送まで引っ張りすぎだよ。過去の試合のVなんていらないよ。

NOAH12.10武道館大会

いや~三沢さん凄かった!最高です。

行ってきました、今年最後の武道館。メインはGHCヘビー級1210c チャンピオン丸藤選手に三沢さんが挑戦するという、ある種時代を感じさせるシチュエーションです。

かつての愛弟子に師匠が挑戦というこのカード。見ている人より当の本人や関係者のほうが、興味津々だったんじゃないだろうか…。

とにかく2人とも出し惜しみしない試合展開で、これでもか!というぐらい技の応酬でした。特に三沢さんの容赦ない攻撃は、丸藤選手を格下と見てない、対等の立場である証拠でもありますが、かなりな攻撃でした。“タイガー・ドライバー91”に“タイガー・スープレックス85”しかも雪崩式。そして“エメラルド・フロージョン”も雪崩式ありでした。

1210a 結果3年9ヶ月ぶりに三沢さんがチャンピオンになりましたが、丸藤選手のジュニアでありながら、これだけヘビーに対抗できる能力の凄さも際立った試合でした。

この日見た感想としては、秋山選手や鈴木みのる選手などの、若干ひねくれた選手が印象に残ったな~。

橋選手の不甲斐なさにパートナーの秋山選手がイラだったり、鈴木みのる選手のKENTA選手をからかった感じの試合運びなど、この選手でしか出来ない感じの展開が印象に残った大会でした。

あとGHCタッグの選手権は、勝った金丸・杉浦チームがリング上で謝ってましたが、納得いく試合展開ではなかったんでしょう。見ていて正直つまらなかった。挑戦者のNOSAWA1210b論外・MAZADA組とまったくリンクしなかった試合でした。こんなのあるんだ、と思えるくらいテンポ悪いし、グダグダでした。かみあわないと恐ろしいな。

そう、この日は小橋選手がリング上から挨拶をし大声援でした。ゆっくり療養して、いつか必ずもどってきて下さい。待ってます。

noah12.2横浜大会

Noah1202001  GHCタッグ王者決定トーナメント決勝戦!

良かった!いい試合だった!森嶋・ヨネのガンバリには、ほんとベルトに懸ける想いの大きさを感じずにはいられませんでした。こんなにキツイおもいまでしたベルトなんだから小橋との防衛戦まで防衛しつづけろよ!

なんか見ていて…まぁもともと高山もノアに所属してたわけだし、別に外敵ではないメンバーの決勝なのに、どうしてもノアvsUみたいな感じがしてしまい、森嶋・ヨネにはほんと取ってもらいたかった。

それにしても、この佐野・高山組は強かった!Noah1202002とにかく蹴って蹴って蹴りまくる感じで、まさにU系の流れの試合運び。しかも佐野のソバットは凄かった!一発で流れを変えてしまうし、フットスタンプも確実に決まる。そして高山のヒザ!ほとんどイジメに近い感じでの攻め。森嶋・ヨネはほんとよく耐えたと思う。結構佐野・高山のある種の余裕的な気持ちが、途中からなくなってきたんじゃないだろうか?「あれ、まだ耐えてるぞ、こいつら」なんて感じたように思えます。

けど今回のトーナメントで佐野の強さがかなり目立ったようNoah1202003 に思います。ていうか強いもんなぁ、佐野は。しかし普段のノアでは前に出ないし、自己主張しないから、目立たないのがほんと残念です。これを気にどんどん目立ってもらいたいですな。そのうちライガーと再び戦ってもらいたい!

今回の横浜大会では、他にもいい試合があり、KENTAvsダニエルソンなんてかなり好勝負で、今後もどんどん来日しそうな気配です。とにかくKENTAとしては切り返しが意外なところで来るから、なかなか技が決まらない。普段の試合で味わわない展開だから、かなりの頭脳戦になってました。まぁ見ている方としては、かなり面白かったんで良かったんですが。これからどんどん戦う機会が増えればダニエルソンも当然GHCJrに挑戦出来るでしょう。こうなったら奪取率はかなり高いので、面白そうですよ。ダニエルソンいい選手です。

あとZERO-1MAX勢との試合。大谷・高岩とビッグマウスの村上の参戦。はっきりノアとは違う戦い方で、対抗戦の空気バッチシでした。今回は、秋山・金丸・橋組と戦ってましたが、ここですよ!この試合に佐野選手を投入しないと。これはかなり面白くなりますよ。やってくんないかな~。絶対面白くなんのに。しかし、村上って全盛期にくらべると大人しくなったようなきがしました。もっと狂乱してくんないと。イッチャッてる感がまったくなかった。ここが売りなんだから。大人しい村上なんてつまんね~だろ。

さて来週は12.10武道館大会。GHCヘビー丸藤vs三沢!かなり期待大です!

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ