2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

モーゴの人々

いや~下らなかったな~。面白かった!

行ってきました天王洲へ。『シティーボーイズミックスMogo001 PRESENTS モーゴの人々』出演 大竹まこと・きたろう・斉木しげる・中村有志・大森博史・ムロツヨシ

う~ん“モーゴ”って何?なんて思ってましたが、結局何だったんだろう?会場付近には小型のポスターが貼ってありましたが、そこにはイラストが描かれていて、しかもまったく出演者らしくなく、なんか美少女キャラぽかったので、マンガ原作なんだろうか?なんて思いましたが、結局違うようで、モーゴ…何なんでしょう?

で、コントのほうですが、これが笑えましたね~。なかでも『がん首倶楽部』は良かった!

何か過ちがあると当然登場してきます。「わたしがやりました!がん首そろえて謝ります!」と言って謝る訳ですが、これが下らなかった~。

『がん首倶楽部』は4人(大竹まこと・きたろう・斉木しげる・中村有志)でして、皆一緒に横一列で出てきます。でみんなは、頭から一枚の長い板みたいなもので繋がっていて、例えば、箱の中身はなんじゃろな?みたいな感じのものに頭を出して上のボックスがないような感じで、それでいて4人繋がってるような感じです。なので、1人頭を下げると他の3人も一緒に下げなければ、「いてててて」みたいな感じで、首が引っ張られてしまう訳で、これがどんどん展開していくなかで、バリエーションが増えていくんですが、ここがまた面白くて、いや~笑えました。

他にも“リストラされてカラ元気な人”も大爆笑でした!中村有志さんがその役ですが、もう最高のテンションで会場大爆笑でした。めちゃくちゃでしたね。あと“悪口”を映像で見せていくのもありまして、これも笑えましたね。のちのちWOWOWでこのコントは放送されるとのことでしたが、ここは放送できんだろうか?なんて思いました。結構過激。

あ、それから“バレンスーツ”!これは最高でした。お弁当なんかに緑のギザギザの葉っぱぽいのが入ってんじゃないですかあれが“バレン”て言うんですって。その“バレン”でスーツを作っちゃって、みごとに斉木しげるさんが着こなしてます!これはスゲ~

そうそう、結構映像を使ってて、そこがまた結構面白かった。

見ていて昔つってもかなり昔ですが、テレ朝でやってた深夜番組を思い出しました。『トライアングル・ブルー』とか『ウソップランド』なんてやってた時代ですが。あの当時もこんな感じのコントが放送されてたような感じがしました。懐かしい~。木曜だったかな…

Mogo002 で、なんでもパンフレットが“サイン入り”なんつーことで、思わず買ってしまいました。たぶん“大竹まこと”さんでしょう、これは。当たり?ですかね。帰りには、他の人のも欲しくなったな~

かなり笑えたコントでした。

NOAH 4.28武道館大会

いや~、杉浦選手最高!おっとこ前でした。素晴らしい!

行ってきました、ノア武道館。仕事があって、行けるかどうかハッキリしなかったので、今回はひさびさ当日券で入場。会場に入ると、花道があるのはいつも通りでしたが、その後ろの一階席がつぶされていて、まぁここは見にくいし、前からそうだったように思いますが、その一階席の両隣のブロックもつぶされていて、座席はノアの旗で覆われてました。

う~ん、こんなこと今までなかったように思われます。なんでしょう?カード的なことと関係してんのかなぁ?なんて思ってしまいました。

で、肝心の試合のほうですが、いつもに比べると若干ですが、試合のテンポに盛り上がりが、かけた印象が残りましたね。う~んなんていうか…おそらく派手な展開がない試合が、印象に残ったんでしょうね。別に悪い試合ということではなく、単に印象の問題です。

Noah42802 さて今回一番会場で人気があり、大いに盛り上がった試合といえば、『GHCヘビー級タッグマッチ 秋山・力皇vs高山・杉浦』の一戦。これにつきます。なかでも杉浦選手のファイトには、会場が一体となりかなりの追い風ムードビンビンでした。とにかく杉浦選手のガンガン向かっていく戦いっぷりには、会場全体が身を乗り出して応援してたくらいです!流石に、チャンピオンチームも結構な攻めを出してきましたが、これにも屈せず立ち向かっていき、限界の限界まで戦い抜いていました。凄かった!最後は力皇選手の無双で破れましたが、しかし会場では大杉浦コール!こんだけのファンを感動させたのは凄い!今後必ず取る可能性を大いに印象付けたファイトでした。

メインの『GHCヘビー級選手権 三沢vs佐野』は雰囲気的Noah42801 には、まぁホントボクの勝手な印象ですが、猪木vsストロング小林のような感じで、なんかひさびさ同世代日本人対決の様相でした。しかし佐野選手のソバットとフットスタンプ。この技の特に素晴らしい点は、失敗してもほとんどリスクをせをはない点のような感じがします。こういう技でダメージ与えられるのはいいですよね。かわされてもダメージなかったりしますから、何ら問題ない。ムーンサルトなんてかわされたらかなりのダメージですよ。これはイイ!

試合の展開は、ほとんどソバットと蹴り中心の攻めで、三沢選手はかなり悶絶してました。あれはキツイわ…吐きそうになんじゃないかな。短時間でも相当なダメージのキツイ技だと思います。最後は『エメラルド…』にいったが決まらず、新技でフォール。いつもの技では決まらなくなってきてるとこに、手の内を知ってる佐野選手の凄さを感じました。

さてさて今回、ハプニングが起こりました。

Noah428004 ノアマットにTAKAみちのく選手登場!秋山・力皇組の記念撮影のときに乱入。なんでもRO&Dをノアで復活させると。そしてタッグ挑戦させろ的なアピールでした。まずは後楽園に登場ということでした。これはね、7月の武道館だね、たぶん。

そうそう、それからドラゲーvsノアも良Noah428003 かった!特にというか当然というか、CIMA選手と丸藤選手のファイトは刺激的でした。ドラゲーが勝ちましたが、次はシングルでやってもらいたい。あ!?これも、もしかすると7月武道館じゃね~の。これは行くしかね~な。

今日の名声援『百田だけにはやるな~』

英知出版、倒産!

なんでも英知出版が倒産したらしい、ていうか破産手続きしてるようだ(2007年3月30日)。

いやぁ~なんでしょう、この非常に残念な気持ち。そしてさびしい気分…。う~ん…ボクにとってはね非常に思い出深く、それでいてある種青春時代には欠かせない雑誌のでした。青春=英知出版みたいな感じです。

確かボクが高校の時に“Beppin”が出版されたんですよね。まだ当時は、コンビ二で中が見れる状態でしたから、立ち読みして、確認して買いましたね。それはもう、毎月ではないですが、買いましたね~。いや~ホント美少女が多くて、驚いた記憶があります。「え゛~こんな子が!」なんてことが結構あって、買っちゃいましたね。

基本的には“Beppin”はソフト系で“デラべっぴん”はハード系。なんて感じで、ボクはBeppin派でしたね。毎回に近いぐらい「よくこんな子が脱ぐよな…」なんて逆に感心しちゃいましたよ。ホントかわいい子が多かった。

中でもボクは“美穂由紀”さんの登場は、腰が抜けるほどの衝撃でしたね。「かわいかった…スタイルもよかった」あの人以上の衝撃はないですね。Beppin最高!英知出版バンザイ!なんて気分でしたよ。たかがエロ本ですが、大切にしてましたね。いや~素晴らしかった。あえて次、ひとりだけ挙げれば“朝岡実麗”さんですかね。この人も素晴らしかった。イイ感じでした。

まぁボクの勝手なエロ記憶ですが、その発信源でしたからね。ボク以外にもいるとは思うんですが、やがてね卒業して買わなくなっていっちゃうんですが、だからといってなくなってしまうのは、キツイじゃないですか。いやなくなるのか?営業権は他の出版社にあるらしいから、まだ続いてくれるんだろうか?

こういう雑誌は“この時代には必ず必要”的なもんで、みんな中・高には目にしてくるもんなんだから、なくならないでもらいたいな。

上の世代の人には“GORO”や“スコラ”“平凡パンチ”だったでしょうが、ボクは“Beppin”です。

あるときから“Beppin”から“Bejean”になりましたが、Bejeanでもほとんど変わらずの感じだったと思います。

この美少女ソフト系路線、なくならないでもらいたいな…。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »