2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 劇場スジナシ東京公演 第二夜生瀬勝久 | トップページ | 水曜どうでしょう2006最新作 »

劇場スジナシ東京公演 第三夜広末涼子

さて劇場版スジナシ第三夜のゲストは“広末涼子”さんです。

うぉ!すげぇ~!生広末見てみて~。応援団長の糸井重里氏曰く「今日のお客さんはお得です」と。いや~まさにそうでしょ。生広末ですよ。これは見てみて~。別にファンじゃないですけど、見たい。そういえば最近キレイですもんね。なんか、イイ女って感じがして興味津々ですよ。これでお子さんがいらっしゃるなんていいじゃないですか。素晴らしいです、はい。

Hirosue で、内容ですが流石女優さん、というか真面目。ていうか、こういうことをしていくのが、普通なんでしょうね。一夜二夜がメチャクチャだったから、よけい展開のつじつま合わせが上手かったり、演技でもっていく技量だったりを感じさせられました。流石です。

設定は“朝の神社”。広末さんが板付きで、そこに鶴瓶師匠が入ってくる。広末さんは“親子を避けよう”、師匠は“親子でいこう”と最初から間逆の考え。

広末さんの「はぁ…。来てくれないかと思った…」と言う第一声で気持ちの切り替えを余儀なくされた師匠は、この後ほとんど広末ペースで進んでいくことに。とにかく広末涼子に大興奮の師匠。出来ることなら“キス”してエンディングを迎えたがってる心の葛藤と戦いながらのスジナシで、その心模様が舞台上に惜しみなく現れております。とにかく2人の距離感が一向に縮まらない。広末涼子はどんどん距離を縮めようと近づきます。それを避け、微妙に距離をとる師匠。なんでもこれ以上距離を縮めたら、もうどうにかなってしまいそうで、近づけなかったとか。

その後恋人同士という設定で展開していきますが、そこはお互い勝負で、なかなかスムーズに行かない。しかもハッピーエンドに向かわない。広末さんはなんとかハッピーエンドに行こう行こうとしますが、師匠が二転三転させていきます。

「不倫はヤダな」と考えてる広末さんに対して、「子どもが会いたいと言ってる。今下に来てる」と投げつける師匠。なんとか避けようとしてますが、子どもって!これ以上避けられない設定を投げつける師匠。「呼んで来る」と舞台そでにはけたはいいが、「2人しかいない舞台…。どうしよう…」と困る師匠。小道具の花束を持って、再び舞台に。「これ…」広末さんは「2人のこと祝福してくれたるんだ!」ととらえる。そこで師匠が「おめでとう、て。しかし、もう二度と会わないて…」この時の広末さんの表情たるや、凄かった。祝ってくれてるんだ、という気持ちから一気に落とされ、悲惨な表情に。このあとも師匠の落としの展開で、ホントに嫌になったのか「言ってることが訳わかんないよ!」と本音をさらす広末さん。ここまでもっていった師匠のスジナシ力は流石でした。

結果、なんとなく中途半端なところで「OKで~す」となりましたが、こういう終わり方になるのがスジナシっぽくていいですね。

糸井氏が「今日はお得」と言いましたが、生広末が見れるのは、ホント“お得”だとおもいます。けど舞台を見るということで考えると“イッセー尾形”や“生瀬勝久”の方が“お得”な感じがしました。

う~ん、この三日間はあたりまえですが、毎回おもむきの違いがあって凄い三日間です。一日でいいから行ってみたかった。次回があれば、見てみたいな。全国中継にしてくれ~。

« 劇場スジナシ東京公演 第二夜生瀬勝久 | トップページ | 水曜どうでしょう2006最新作 »

「お笑い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 劇場スジナシ東京公演 第二夜生瀬勝久 | トップページ | 水曜どうでしょう2006最新作 »