« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

アフタースクール

いやぁ~、良く出来たシナリオでしたね~。後半は目が回りそうでした。

今日レイトで「アフタースクール」を観に行ってきまして。レイトだし雨が降ってるし観にいきたい気分だしで、行ってきたんですけど、これが予想外の入り具合!だいたい80人ぐらいいましたかね。レイトでこんなに入ってるなんて、久々見た!て感じでしたが、よくよく考え見るとまだ公開して一週間しかたってないんですから、そりゃレイトでもそこそこ来ますわね。

とりあえず、御存知大泉洋!が出てるし作品的にも面白そうだし、と早め観にいってきたんですけど、結構面白かったですね。大泉さんの演技も自然体でのびのびやってる感じでよかったですし、キャスティング的にあまり出てる印象がなかったですが、観てると結構常盤貴子さんが出てたり、と観にいかないと分からないことが多かった。

基本、大泉洋・佐々木蔵之介・堺雅人とこの3人でストーリーが展開していくんですが、映ってるのが多いのもこの順って感じです。

なかでも今回よかったのが“堺雅人”さんですね。

でまぁ今回観てて堺さんはよかったですね。なんでしょう、飄々として見た目物腰弱そうなんですけど、このキャラというか演技力というか、とぼけた感じというか…。よかったですよ。まぁ具体的に何が?というのが言葉に出せないですけど、とにかくよかったです。この感じでかなりな悪役あっやら面白いんだけどなぁ。けどイメージ悪くなるかも。

それにしてもこの人、小日向文世に似てねぇ?ボクだけでしょうか?似てんなぁ、なんて思ってみてたんですけど。

そうそうストーリーはですね、ハッキリいえば後半はドンドンタネ明かししていく感じで進んでいきます。前半は何?ナニ?どうなってくの?なんて感じですね。まぁ結果的には悪い奴が捕まるみたいなことですけど、なんてったてそこまでの見せ方が秀逸ですね。何度も練って練って、書かれた感じがします。かなり構成に力入れたんじゃないでしょうか。

後半はネタばらしになっていくんですけど、そのひとつに田畑智子さんが堺雅人さんと一緒にエレベーターに乗るカットがあるんですけど、これがね特に女性陣には受けるらしく、ゲラゲラ笑ってましたね。まぁもしかしたら思い当たるふしがあるんでしょうかね。ボクなんかからしたら「カワイイなぁ」なんて思いますけど、まぁこれは単純なんでしょう。ダマされ易いかもしれません。

?!?!の展開でカラッと面白いのが観たい人にはオススメですかね。ゲームでいやぁシューティングゲーム好きな方にはおすすめ。

自己評価価格 1700円(レイトでお得な感じ)

まりもっこり~ず

♪もっこり もっこり まりまりまり~もっこり もっこり もっこり まりまりまりもっこり

つー感じでCORICORIオープニング曲が流れてまりもっこりのアニメが始まりますが、これって普通のイラストのアニメじゃないんです!人形アニメーションなんですよ!え~面白そう、と思いDVD買っちゃいました。

Mokkori 今やCDにDVDと商品範囲の広がりが凄いですが、このまりもっこり初めてボクが目にしたのは今から2年前。北海道に旅行に行った時でして、たまたまロープウェイ乗り場のお土産もの売り場で見つけたのが始まりでした。

まりもプラスもっこりと言う小学生レベルのネーミングとその下らなさでいつの間にかはまってしまいまして、今ではわずかですが20種類ぐらいのまりもっこりストラップがあります。今では北海道限定だけじゃなく各地方にも限定グッズが存在していまして、大変なムーブになってます。なかにはその姿からまりもじゃね~じゃね~か!と思えるものまであります。 

そんな中只今渋谷パルコで展示会が行われていて、そこには北海道と各地域のまりもっこりが展示販売されていますが、そこにこのDVDで使われたまりもっこりのステージが展示してありコマ撮り人形アニメであることが分かり見てみるきになったんです。

DVDには全4話収録されています。

これを見ると「え~そうなん!」なんて発見がありました。

1つ紹介しちゃいますと…。

ストラップでヒグマもっこりなんてのがあります。いわゆるまりもっこりがヒグマの着ぐるみを着ているやつですが、これって見ると普通にまりもっこりが着ぐるみ着てるなんて思うんですが、これにはひじょ~に深い意味がありまして…。

これ言っちゃいますと、“M”の衣装なんですって。“M”っつったら、そりゃSMの“M”のことでして、なんとパパもっこりがSM好きであることも判明。

それからこのDVDにはまりもっこりの家族が出てきます。パパもっこり以外にもママもっこり、ベビーもっこりと4人家族であることなんですが、各キャラクターの設定も紹介されていまして、これがまたなんつーか、メチャクチャな感じです。

まりもっこりは大のエロ本好きで、お小遣いすべてエロ本につぎ込むという…。正直バカですね、この子は。ただこのエロ本好きのお蔭で勝負に勝つことが出来るんですが、この勝負がね…。またバカな勝負で。家族を救出するための勝負なんですが、これが正直こんな家族救出したくなんのか?と思える映像が見せられるんですよ。もうがっかりです。息子としてこれはがっかりです。けど家族のため救出するために勝負を挑むんです。

嗚呼、なんて泣けるんだろう、なんてこれっぽっちも思えませんし、下らなく爆笑というより失笑ですが、これが人形アニメだからこそ、成立するんじゃないだろうか、と思いました。これ普通にイラストのアニメだったらつまんないんじゃないかな。人形にして正解だったと思います。

結果、楽しめるアニメになってると思いました。

ちなみにこのDVD、通常版と限定BOX版がありまして限定BOX版にはまりもっこりの人形が付いてます。これがなぜか白ジャージverと言うことで…。緑のほうがよかったんじゃないか、と思いましたが…。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ