« SUMMERS LIVE NO6 | トップページ | NOAH6.14文体 »

噂のアゲメンに恋をした

キャスティングてのはホント重要ですよね、なんて印象を受けました。う~ん…基本的にストーリーは面白いと思うんですが…何か残念な気分です。

先週の金曜に今日まで、つーことだったんで観に行ってきましたが、そんなに知られていない印象と今日ラストでレイトという割には入っていたんで、結構面白いかも、なんて印象を受けたんですがね…。

ストーリーは単純明快で、この男チャーリー(デイン・クック)とやったら次に出会う男と幸せになれる。ということでチャーリーの元に次から次と女性やってきます。でやったら100%次であう男性と幸せな結婚が出来る。でチャーリーがキャム(ジェシカ・アルバ)に恋をする。けどやったらキャムは自分じゃなく次の男と結婚してしまう。さてどうしたらいいのか…。

話はね面白いんですよ。言ってみればアゲチンなわけで、その男に女がドンドンやってくると、つーことなんですが、これでも結構下らないんですがそれ以外にも、幼馴染の友人でスチュ(ダン・フォグラー)つーのがいまして、これが小さい頃からおっぱいに目がない。おっぱい好きで挙句の果てには形成外科になっちゃうんですけど、これが所謂豊胸手術専門でして、まぁ言ってみれば毎日色んなおっぱいが見れるなんつー理由で医者になった、なんていうバカ医者です。こんな下らないストーリーなのに何か残念な印象…。

思うにキャスティングじゃないか、と思ったんですよ。

このバカ医師だってキャスティングしだいでは、主役以上の存在感で笑えるキャラなんだと思うんですけど、これがね…。まぁなんていうか、リアルなんですよ。このキャラにマッチし過ぎというか、う~ん…リアルなんですよね。だから正直こんなバカキャラなのに笑えない。若干引いてしまった感じで、なんかこのキャラもてないんですよ。でね、ひとりエッチなんてするんですが、それはそれでキャラ的にいいんですが、例えばダッチワイフなんかでやってりゃ笑えるんですが、グレープフルーツの真ん中に穴開けてやる、なんつーことになるとなんかね…。もう一線越えちゃってる、つーか、笑えない領域に行っちゃってる感じでしかもリアルな配役だから余計笑えない。これってアメリカでは普通の領域なんですかね?日本でいうこんにゃく的な存在なんでしょうか。向こうで大爆笑でもこっちじゃ…。

つー感じでして、これは主役のスチュにも言えて、アゲメンに関してはまぁ顔の問題じゃないんでいいんですが、それにしてもリアルな感じで、それでいてこのルックスはなんか共感というかストーリーに入り込めない印象で、面白さが半減してしまった感じです。それとコメディだからしょうがないんですが、オーバーすぎる感じで受け入れられなかったですね。

キャスティングが変わってれば相当面白くなったんじゃないかな、と思うと残念ですね。唯一楽しめたのは、スチュがはじめはやることに抵抗があるんですが、ある時に一気に気持ちが切り替えられやりまくるんです。おお、そんなに俺とやりたいんだったらやってやるよ、みたいな感じで。そうすっとそういった場面が画面に出てくる訳ですよ。そこですかね。いい目の保養になりました。やっぱ外人スゲーなんて感じで。

正直これはDVDでも半額の日に借りるかんじですかね。観にいくほどではなかった。キャスティングね…。

自己評価価格300円

« SUMMERS LIVE NO6 | トップページ | NOAH6.14文体 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SUMMERS LIVE NO6 | トップページ | NOAH6.14文体 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ