« KYOSUKE HIMURO 20th Anniversary TOUR 2008 "JUST MOVIN' ON" | トップページ | 渡辺美里 “お正月だよ!Dear My Tokyo” »

蜷川実花展 -地上の花、天空の色ー

やはり“色”の力の凄さを体感されられました。パワーのある作品で圧倒です。

蜷川実花の展覧会に行ってきまして。雑誌や写真集等では見ていたのですが、実際作品を見るのは今回が初でして、期待して行ったのですが、これまた期待を上回る作品の数々。素晴らしかったです。

ギャラリーのスペースがA~Iまで区切られていて、それぞれテーマごとに違ってまして。

花だったりポートレートだったり、金魚や旅行でのスナップだったりと色々あるのですが、ボクはBスペースの『花/Flowers』が良かったですね。

なんといっても大きく引き伸ばされたプリントであるため、かなりの大迫力。見ていて気分イイです。あの迫力なんてのは、つくづく女性だから撮れる写真なんじゃないか、なんて思いますね。これが男性だったらこうはいかないんじゃないか、と。

女性の大胆さ、の成せる撮影ではないか、と思います。

男性より女性のほうが大胆ですからね。

Mina 学生の頃、先生に女性作家の書いたポルノの方が大胆で、こっちが恥ずかしくなるようなことも平気で書いてくる、なんて入ってまして。まさしくそうではないか、と思います。

だってね、知り合いで女性のカメラマンの方がいまして、その方ヌードを撮影してるのですが、これまた結構大胆な写真撮ってますからね。これは…、なんて。ただね、正直言いますと、ここだけの話、実用的ではなかったりします。なんつーか大胆過ぎるというか、ちょっとね…違うんですよ。まぁ別に実用性を考えているわけじゃないでしょうから、いいんですけど。男としては、ね。

まぁ話が逸れましたが、そんなこんなで大胆で見事な色彩の作品でした。やっぱあの色は蜷川実花しか出せないし、この人こその色ですからね。シアンとレッドですかね。

見ていて思ったのは、やっぱ演出家の娘、というか。写真の見せ方が上手いですね。工夫されてます。

暗くして写真の裏からライトをあてて見せたり、してるスペースもあります。

おそらくほとんど見に来た人がそうしてしまうんでしょうが。作品がむき出しになってるため、触らないようにお願いします、なんて言われるのですが、思わず触ってしまい、係りの人に注意受けてる人がかなりいました。

作品が小さなアクリルにプリントされていて、それが何十個と敷き詰められている作品があって、ちいさな透明なドミノみたいなものに写真がプリントされていまして。これが敷き詰められているから、ついつい手で「これって置いてあるのか、貼り付けてあるのか」という疑問から触れてしまうんでしょうね。会場隅に座ってる人から何人も注意されてました。あれは触ってしまうよな。

とにかく見ていて、色彩に攻撃されるかのような展覧会でした。

« KYOSUKE HIMURO 20th Anniversary TOUR 2008 "JUST MOVIN' ON" | トップページ | 渡辺美里 “お正月だよ!Dear My Tokyo” »

「写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« KYOSUKE HIMURO 20th Anniversary TOUR 2008 "JUST MOVIN' ON" | トップページ | 渡辺美里 “お正月だよ!Dear My Tokyo” »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ