« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

シティボーイズミックス PRESENTS 『そこで黄金のキッス』

きたろうは見事です!このユルさ最高です!!!

1年ぶりのシティボーイズライブです。観にいくのは今年で3回目。もうすでに、ボクにとっては毎年恒例行事になってます。

City001 今年は去年までの天王洲銀河劇場から会場が変わり、新国立劇場に。なんかこの名前に「ここでコント。凄い…」なんて思っちゃいました。見た感じ、今までよりか若干広いんですかね。広々感を感じました。

今日はWOWOWの収録が入っていて、カメラも9台ですかね、結構設置されてました。「放送されるんだ」なんて思うと、ちょっとお得感もあり、ラッキーでした。

緞帳に開場中と記された映像が流れてますが、これといってなにも起きないので、見たり見なかったりしてたら、斉木しげるが登場!だからって特になにもなくフレームアウト。またそれが面白かったりしました。

今回は結構映像が多用されてた感じがします。

その映像が格好良かった!

『そこで黄金のキッス』というだけあって金粉まみれの出演者が、次々登場。なんとなく007の『ゴールドフィンガー』的な感じ、60年代70年代のヌーベルバーグぽい感じ、プレイガールQ的な感じ、等々見ていて感じました。

コントでは、「今日から共産主義になることになったから」なんて、いきなり上司役のきたろうが言い出し、そっからのやり取りで、収録が入ってるにもかかわらず台詞を忘れ、会場大爆笑に。結局中村有志に教えてもらってました。

こういう、きたろうの雰囲気が素晴らしく面白かった。この後にも、こんな様なことあって、爆笑爆笑でした。しかしこれも長年やってきて愛されるキャラであるから出来ることなんでしょう。なんかドリフでいえば高木ブーのキャラの感じがしました。

今回は結構危ないネタが多かったような印象があります。これ放送出来んのかな、なんて思いました。

“覚醒剤使用疑惑をかけられる首相”のネタや“命の使い方City002 というクイズ番組”など、民放じゃ無理なネタでした。こういうのがあるとライブだからこそを感じます。面白かったです。

中でも1番面白かったのは“深夜にメモしたことの現実化”のネタです。共感するところあり、下らない内容に大爆笑でした。

四駆レンジャーだったかな。なんかいわゆる“~レンジャー”なんですが、みんなタイヤを肩がけしてて正義の味方なんですよ。これがまぁ弱そうでしてね、それでいて動きがみんなバラバラ。なんでも四駆だからそれぞれが独立してるらしく、バラバラなんですと。下らなかった。

深夜にね何気にメモったことって、朝改めて読むとこっぱずかしくてね。これが現実化したら、怖いですよ。いや!止めてくれ~!なんてなりますから。おおコワッ。

今年もいっぱい笑わせて貰いました。また来年も行こう。

ただ今回残念だったのが、隣の女性の息が臭く、笑った時に漂ってくる、ゲロを吐いた時の酸っぱい感じのニオイがキツく、ほんと殴ってやろうかと思いました。隣はな…選べないからな…。困りもんでした。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ