« デイサービス | トップページ | 渡辺美里 25th Anniversary Summer 美里祭り2010 Song is Beautiful Party!Party! ~富士山河口湖ver.~ »

プロレスリングノア創立10周年記念大会 第3弾 8・22 NEW NAVIGATION' 10 in Tokyo

いい試合が多かったですね~。いい興行でした!

プロレスファンなのに、観戦今年2回目。しかもNOAHファンでありながらNOAH観戦今年初という、なんともファン失格的なワタクシでありますが、10周年記念大会には行かなくては、となんとか時間をつくって行ってきました。

会場は有明コロシアムでして、スタンドB席でしたが思ったより近かったので、だったらAにすればよかったかな、と若干後悔したりもしましたが、それは兎も角観やすかったです。

さて今回のワタクシの注目カードは、

KENTAvs青木

潮崎vs中邑

GHCヘビー級選手権の杉浦vs秋山Mori

この3試合。

他にも森嶋と吉江のタッグとかGHCジュニアヘビー級選手 権のマルビン・石森vsタイTigerガー・金本とかヨネvs小島とかありますが、やっぱこの3試合でしょ!観る前から緊張感を想像させる対戦ですから。 Yone

さてまずはKENTAvs青木。Ka001

これは最初っから一触即発の緊張感の漂う中試合開始。始まっても睨み合いの続くこと。Ka002

こういった状況突破口となり、かなりのダメージを与えたのが、青木選手の頭突きでした!

かなり効いてましたね。どうもワタクシには腕ひしぎ逆十字 のイメージが強かったので、頭突きなんつー攻撃を見ると、かなりの怒りがこみ上げてるんじゃないか、なんて感じ気持ちのこもった攻撃に集中力もアップしました。Ka003

だからってKENTA選手がやられるか、っていったらそんな甘くなくやはり冷静で冷徹な攻撃で、最後はGo To Sleepで勝利。まだまだ格が違いますな。

さて勝利したKENTA選手のマイクアピールがはじまり何を言うのかと聞いていたら、青木選手にタッグを組もうと提案。握手に応じるかと思いきや、握手せずにリングを後に。Ka004

今後気になります。

さて最近では珍しく無制限1本勝負という試合の潮崎vs中邑。Sn001

これは良かったですねぇ~。まさかの潮崎勝利!正直どっちが勝つか予想つかなかったですし、中邑選手が負けるイメージが湧かなかったしだからといって潮崎選手が負けるイメージの湧かなかったので、どういう形で決着がつくの楽しみな一戦でした。

Sn002 NOAHファンですけど、あまり中邑選手にブーイングがなかったように感じられました。

タイガー・金本組は、かなりのブーイングでしたけどね。

おそらく感じられるテーマが違うんじゃないでしょうかね。

対抗戦というより、今後のプロレス界のトップ選手同士の対決であり、因縁めいたものもないですし邪念なしに戦って、どっちが強いかみたいな感じだからですかね。Sn003

お互いどこかでリスペクトしてる感じですし、中邑選手の発言はプロレス界全体に届いてるから、ファンも支持出来るんじゃないでしょうかね。

さてさてこの試合。お互いを確かめ合うように始まりましたが、結構中邑選手の独特のペースに巻き込まれそうでしたが、最後は意地で新技?ですかね潮崎選手が勝利。

確かにあの技食らったら返せないでしょう。そのまえに随分畳み掛けてますから。ほんとに止めを刺した感じです。

ボマイエもだんだんブロックされることが多くなってきたな…。Sn004_3

そして最後の試合。杉浦vs秋山。

Sa001_2 もうホント意地のぶつかり合いでした。

杉浦選手としては、チャンピオンとして、そしてやっと自分の時代になってきたのに負けられるか、という意地が。

秋山選手としては、まだまだやれるという気持ち、今現在NOAHで自分しかいないという使命感もあっての意地が。

年齢的に見れば確か1歳しか違わないんですよね。

けどデビュー時期が大きく違うから、世代分けが1つ変わるSa002_2 わけです。

秋山選手は四天王世代にギリ入っちゃうわけで、ほぼおない歳の杉浦選手はその下の世代に。

けどこれってプロレス世代のくくりであって、普通の年齢でくくれば、ほほ同じなわけですから、そう考えると杉浦選手のコンディションの良さは素晴らしいですね。

ただ秋山選手はキャリアがあるから、その分体にダメージが蓄積されてるんですから、ほぼおなじ歳でも違いはあるわけで。Sa003

最後はチャンピオンの意地、雪崩式オリンピック予選スラムで勝利!Sa004

カッコよかったです。

さてさて今回非常にいい大会でしたが、1つ残念なことが。

それは試合ではなく会場の有明コロシアムについて。

試合順が後半になってきた時、だんだんと汗をかいてきました。まぁ暑がりで汗っかきのワタクシとしてはしょうがないことです。

しかし自分だけ暑くて汗をかいているのかと思いきや、会場を見渡すと、1/4ぐらいの観客が団扇で扇いで試合を観てます。

つーことは…。

空調が止まっているんじゃないか、と感じました。

そういえば会場に入ったときには涼しかったのです。

気付けば無風の環境で、汗がダラダラと…。

実際どうか分かりませんが、困った問題です。

会場の人はこういうの分かんないのかなぁ?

今日の唯一の汚点です。

それからノア袋、買いたかった…。

« デイサービス | トップページ | 渡辺美里 25th Anniversary Summer 美里祭り2010 Song is Beautiful Party!Party! ~富士山河口湖ver.~ »

「プロレス」カテゴリの記事

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ