2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

格闘技

K-1プレミアム2006Dynamite

ん~不透明な感じが残ってしまったのが嫌だな…

今回の『Dynamite』メインのカード桜庭vs秋山。なんという後味の悪い結果となってしまった…

結果、秋山選手が勝ちましたが、桜庭選手の「滑る滑る」と言う抗議がマイクにのってて「反則だろ」という言葉ものってました。実際のところは分かりませんが、こういった不透明さがスッキリしない幕切れになり、見終わってモヤモヤ感が残り嫌な終わり方でした。しかもまたレフリーのストップが遅いじゃないか!前回桜庭選手の時に起こったレフリーのストップの遅さ。改正されてると思いきやまたも遅い!もちろんレスラーはここから反撃ということもありますが、これは格闘技。あんなに殴られていたらもっと早めに止めるべきでしょ。正直死ぬ可能性だってあるんだから…

気持ち的には桜庭選手に勝ってもらいたい試合でしたが、やっぱり年ですかね…輝きは失ってないんですけどね。見ていて単純に秋山選手のほうが勢いのあるオーラが出てました。

不透明とはいえ、だからってもう一度はなくていいと思う。桜庭秋山戦はこれで決着がついたと思う。時代だよな…

他の試合、結構見ごたえのある試合が多かったなぁ。特に所選手の試合は良かった。やっぱり所選手は素晴らしい素質の持ち主だと感じました。ホイラー相手にあれだけの試合ができ、ほとんど優位に展開してたし、上手いよな。結果判定勝ちしましたもんね。毎回いい試合が出来る数少ない選手のひとりです。最高です。

カシンはもうダメかな。練習してても実戦が少ないからダメなんじゃないかな。プロレスファンとしてはガンバッて貰いたいですが…

金子賢はダメだね。まだカッコつけすぎ。試合で余裕あるしぐさ見せるほど強くないのに、なんで笑ったりするかな~。アンディがもっと寝技をマスターしてればもっとはやく極まってたのにな、残念。

曙の試合は見事だったね。シルバのアームロック極まってしまったね。シルバ良かった。しかしシルバはいつプライドからK-1に行ったんだろう…

武蔵選手の試合は見事なKO劇だった。しかしだ、相手は陸上競技の選手でしょ。陸上競技の選手相手に格闘家が試合挑んで勝ってもさぁ…。つーか勝って当たり前でしょ。あれはイジメだよねイジメ。こんな試合組まれて情けないよ。いくら武蔵に勝ち星をといっても、良くないよな…。

けど大晦日に完全に定着してきなよな~。しかし試合放送まで引っ張りすぎだよ。過去の試合のVなんていらないよ。

プライドにタイソン参戦!

なんとタイソンがプライドと契約!

東スポによるとマイクタイソンがプライドと契約したという。ことしは日本と中国で“男祭り”が開催される予定で、その“男祭り”の中国での大会にタイソンが出て、ヒョードルと戦う!らしい。

これが実現したら凄いぞ!どっちが勝つか、なんていうことよりも、この2人が対角戦上にいるだけで、鳥肌もんですよ。まばたきなんかしてらんないぐらい凄いシチュエーションですよ。

ただやっぱり色んなカードを想像すると結構なワクワク感がありますが、ミルコやシウバなんかね、しかしタイソンがリングに上がるまでは安心できないですからね。いくら契約したからって必ずしもリングに上がるかどうかは分からないし、上がって試合してこそですから。

とにかくリングに上がってくらることを願うばかりです。

はじまったらスゲーぞ!

HERO’S ミドル&ライトヘビー級 世界最強王決定トーナメント準々決勝

桜庭選手に、俄然注目が集まってた大会だと思います。なんてたって、プライドから移籍第一弾ですからね。注目しない訳ないでしょ。NEW桜庭が見せれるかどうか、最後のチャンスですからね。

正直、プライドだったらあそこで止めてたね。ロープはさんでバンバン殴られっぱなしの状態だったんだから。レフリーが入った時はもう終わったな、と思いましたもの。しかしこれがレフリーストップじゃなく、ドントムーブだったとは。ここから桜庭選手の反撃で、見事勝利をするんですが、亀田選手のときと同じあまりスッキリとしない勝ちかたでした。TBSが悪いんじゃないんだろうけど、続くね。

正直あそこで止めとくべきだった気がします。危ないよ。選手生命が縮まるんじゃないか。もう意識が飛んでたとおもうし、あとは気力のみの勝利でした。言い方かえれば、プロレスラーらしい勝ち方だったのかもしれません。ということは、プロレスラーに理解のあるレフリーだったのかもしれません。ここから、て時に本領発揮すんのがプロレスラーですからね。けどこれはプロレスじゃない。相手の技を受けていくのではない。相手の技をかわして、攻撃するんだし。ほんと危なかったと思う。勝たせたかった気持ちがあったのかも知れないけど、あれは危なかったと思う。

ルールやジャッジに疑問の残った試合だったんじゃないか。勝てても素直に喜べない結果でした。

亀田興毅vsファン・ランダエタ

どうでしょうね、勝ちましたが…。

う~ん、正直、亀田選手の試合を見るのは今回初なんですが、いままでKOが多かった選手の印象があったので、なんか腑に落ちないね。しかも判定で世界っつーのもなんかスッキリしない。こうなったら防衛戦でスッキリしないとイカンですな。

今回とにかく一番気になったのが“入場シーン”なんです。あれなんでしょうね、チャンピオンが先に入場するって?ありえないでしょ。亀田選手の入場の演出なり、番組上の流れなり、いろいろあるんでしょうけど、だからといってチャンピオンが先なんておかしいでしょ。チャンピオンをバカにしてるか、もしくは敬意を称してないか、どっちかなんじゃないか。番組サイドがそうするように言ったのか、その辺は分からないですが、まったくもってありえません。亀田人気だからといっても、向こうはチャンピオンですから。その辺キチンとしないと。

あとねT-BOLANの君が代。おかし~いだろ。あの歌い方で卒業式はダメだね。先生に怒られるぞ。『KIMIGAYO featuring T-BOLAN』みたいな感じですかね?なんじゃそりゃ。

PRIDE記者会見

今日、東京プリンスホテルにて、フジテレビの放送打ち切りに関してのDSEの記者会見があり、ファン参加OKということもあり行ってきました。Pride02

11:30~12:45受付、13:00開始とのことで、12:30頃到着。 受付をしに11階へいくと、なんと定員オーバーのため受付が終了していた!ショック!けどこんなことで帰っては元も子もない、なんか諦めて帰っていく人もいましたが、とにかく待ってみよう。84年6.14蔵前のときは入れなかったお客のために外にモニターが出てこともあるしって古過ぎる記憶ですが思い出し、2階の記者会見場の入り口で待ちました。待つこと45分、なんとか入れそうなスペースがあるとのことで、中に入れました!待ってみるもんだね。

Pride01 かなりの人だかりで、この件に関しての関心の高さを物語っていました。まったく会見場が見えません。マスコミ関係者が250人、ファンが600人!ということ。一般スゴイ。ていうか働いてね~のか?時間あるね~。

30分ほど遅れて会見が始まりました。榊原DSE代表がことの経緯を話しました。

6/4 “武士道”があり、フジのスタッフはいつも通りなんら変わる様子がなかった。

6/5 道場開きが14:00~14:30にありフジのスタッフも駆けつけていて、変わりない様子だった。その後DSEの事務所で16:00~フジのスタッフと打ち合わせ。ここでは今後“武士道”のゴールデン放送などに関して話す予定だったとのこと。しかし実際このとき来社してきたのが、フジのスタッフではなく、フジの弁護士だったとのこと。このとき突然放送打ち切りの話を聞かされた。DSEとしてはまったく寝耳に水の話で、「今すぐマスコミに打ち切りにしたということをリリースしたい」と弁護士は言ってきた。DSEは「関係者と話をして、ホームページなどでファンに伝えたい」と交渉したが、30分後には発表されていた。ファンに自分から伝えられなかったことは榊原代表はかなり残念がってました。

さて肝心の理由ですが、フジサイドの理由は「信用・品位を怠ったもの」とのこと。直接的なことは言われてないのかもしれませんが、DSEとして考えられるのは“週刊現代”の記事の一件です。榊原代表は「あの記事の内容は事実無根。反社会勢力との付き合いはないし、法も犯してないし、犯罪も犯してない」と完全に否定。こういったことになったこともあり、週刊現代を刑事告訴していて、民事もする構えでいるとのこと。一方フジテレビに関しては「フジテレビとしては、こういったことが書かれたイベント会社を、無視できなかったんでしょう」とコメント。「フジテレビも被害者なのかもしれない。いずれ誤解が晴れてシェイクハンド出来たらいい」とフジテレビに関しては、怒りなどまったくなく、一緒に今までプライドを盛り上げ、作り上げてきたスタッフに感謝している、とコメントしてました。これからは弁護士を通じてフジテレビと話し合いをしていくとのこと。

今後に関しては「フジテレビが放送しないからといって、潰れることはない」とハッキリ言ってました。そして今後のPRIDEですが、まったく気にすることなく、イベント規模縮小することなく、いままで通り開催していくとのこと。秋以降決まってることとして、10/21ラスベガス大会、11/5ウェルター級決勝、そして12/31男祭り、ここでは拍手拍手でした。とにかくコメントのなかで“ファン”という言葉が多く、ファンのことを一番に考えてることが伝わってきました。「地上波がなくなり、それによって多くの方に見てもらう機会が減るのは残念ですが、とにかくライヴ感を大事にしていきたいので、ファンがいる限りプライドは潰れない」とコメントしてたのが印象的でした。

さてさて、なんでこんな急にフジサイドが通告してきたのか?ここからは勝手に僕が思ったことですが…。

色々と情報を収集しましたが、考えられるのは村上ファンドの村上代表の逮捕がきっかけなんじゃないだろうか?このところフジテレビは、ライヴドア、村上ファンドとニッポン放送株でさんざんな目にあって、それでいて両代表の逮捕、そんな最中、フジのコンテンツ関連のイベント会社が週刊誌に書かれてて、これ以上イメージを悪くしたくないし騒がれたくない。他の株主と一般に対して悪いイメージがまた増える。ましてや今月には株主総会がある。そこで、契約書の項目の“信用、品位”をたてに株主総会前に契約解除なることになったんじゃないだろうか?まあ、あくまでも予想なんですけど、なんか他にも考えがあるようにも思えますが…。

榊原代表が言ってたように、早く誤解が解けることを願ってます。

会見の後、PRIDE無差別級グランプリ 2nd ROUND のカード4試合が発表されました。高田部長、藤田選手、吉田選手が登場してきました。

一つ目 吉田vsミルコ 二つ目 藤田vsシウバ 三つ目 ノゲイラvsファブリシオ 四つ目 バーネットvsハント。

やはり吉田vsミルコ・藤田vsシウバの発表時には。おぉ~!との歓声がでました。こりゃ、想像させるカードじゃねーかよ。いいね~。高田部長がアンケート調査の結果も発表してくれて、一位 吉田vsミルコ 二位 藤田vsシウバ 三位 藤田vsハント 四位 ノゲイラvsファブリシオ 五位 ジョシュvsバーネット ん?会場ざわつきはじめ、五位 ジョシュvsハントと訂正してました。ジョシュvsバーネットって!ひとりで「お前はもう死んでいる」なんて訳分かんねーだろ。高田部長の大ボケでした。

その後には急遽駆けつけた選手が会場にきました。長南選手、川尻選手、マッハ選手、美濃輪選手、五味選手など結構な人数きてまして、こんだけいるんだから、プライドが潰れる訳ないじゃん、と感じました。一致団結した感じでした。

とにかく、プライドがいままで通り変わらず行っていくことが分かっただけでも安心しました。和解出来ることを願ってます。それから猪木氏が何か言ってますが、かかわっちゃダメだ~。

PRIDE放送打ち切りに!

なんと今日フジテレビが「PRIDE」を主催するイベント会社DSEに対して契約を解除、番組の放送をすべて取りやめると発表した、とのこと。

なんてことなんだ!昨日“武士道”があって放送を楽しみにしてたのに。しかもDSEとの契約解除なので、全国ネット初だった“ハッスルエイド”も見れなくなってしまった!ショック!

理由としては、「放送を継続することが不適切な事象が、イベント会社内であったため。契約違反に該当するものだが、具体的な内容はコメントできない」と言うことらしい。う~ん、これはボンバイエのからみでしょうね。

2003年の大晦日はPRIDE、K-1、イノキボンバイエと格闘技番組が各局こぞって放送をしてました。まぁPRIDE、K-1は契約選手がいますわな、じゃあボンバイエに選手いんの?とこうなります。そこでなんか引き抜き的なことが行われたりしちゃった訳ですよ。だからといってそう簡単には引き抜けないんですわ。その裏にはなんかあったらしいのですが、事実は分かりません。ただ今日になって突然解除なんていう決断をしたわけですから、なんかしらあったんでしょう。じゃなければ切らないですよね。毎年大晦日に6時間も時間割いて放送してる番組なんですから、そう簡単には切らないでしょ。アヤパンにウッチーという人気女子アナをもってきてるんだし。しかもハッスルだって放送することになってたんだから、ある程度人気と視聴者が確保出来るであろう計算もあったでっしょうに。こりゃこまった~。

具体的にどういった理由なのか、はっきり答えてはいないですが、週刊誌に報じられてるようなことであれば、PRIDE自体危なくなっちゃうんじゃないだろうか?だいたいフジが切った時点で放送収入などが減るわけだから、選手のギャラにひびくだろうし、日本人選手はともかく、外人は金銭面シビアだから、下手したら結構抜けちゃうんじゃないかな?そうするとKのリングに上がっちゃったりすんだよな。とにかく事実が分からないので、想像だけですが折角PRIDEによって総合格闘技がメジャーになり、市民権を獲得してきたんだから、つぶれないでほしい。なにはともあれ、PRIDE側の会見を見てみないと分からないことが多すぎる。

ここで桜庭が戻ってきたらカッコイイんだけどな…。

K-1ワールドグランプリ2006オランダ大会

やっとビデオ見れた。時間ね~な、まったく。もう放送から3日経ってるので、色々と情報は入ってきてます。とりあえずは、見た感想を。

う~ん、ブレギーって強いな~。結構このまま、いいとこまでいくんじゃないかな。他の選手との対戦が楽しみな選手です。ナオフォールもよかった。ハイキックKO。ああいいうのは見ていてスッキリします。まさにK-1って感じ。唯一の日本人・冨平選手は残念でした。正直もっと日本人選手にガンバってもらいたい。けど冨平選手ってちょっとドリーファンクJrに近づいてきてる感じがしたんですけど、気のせいか…。顔は家系ラーメン屋みたいでしたけどね。

僕が期待していたのは、バンナvsボンヤスキー。正直どんな形で決まるのかが想像出来ませんでした。バンナのパンチでKOか、ボンヤスキーのハイキックか。もうあの2人が戦ってるのは、なんかゲームやってるみたいでした。お互いオーラがあるからいいっスね。期待して見てましたが、結局判定。けど、結構アグレッシブなファイトだったので、まぁいいんですがあの判定おかしくねーか。どう考えてもバンナが勝ちじゃね~の。なんでボンヤスキーなんだよ。あの判定間違ってる。なんかバンナ側から抗議文が届いてるらしいので、結果が変わるかもしれないです。

まぁまぁ、それでは問題のことについて述べましょうか。

ホーストとの試合前にドタキャンしたクソサップですが、もうさぁ、いらね~んじゃね~のサップなんか。だいたいホーストの引退試合なわけでしょ。ホーストとしても気合十分だったでしょうに。ホーストはおめぇに借りがあるから、対戦相手の候補におめぇの名前があがったんだろ~が。何言ったか知らねーけど、プロとして失格も失格、人間としてどうよ。一人の男が母国で引退試合するのに、どれだけの緊張感とプレッシャーとの戦いを乗り越えてきてんだと思ってんだよ。ていうか、おめぇにはそんなんことまったくかんけーねーんだろうけどな。ちょっとバラエティ出て、ちやほやされたからって調子ぶっこいてんじゃねーぞ。今ではもう過去の人になってんだからよ。CMなんかおもいっきり、チェホンマンに取って変わっちゃってんじゃねーか。ファイターなら戦ってなんぼだろ。適当にテレビ出て稼いで、しまいにゃ痛いのヤダだと、死ね。テングもいいとこだぞ。ごちゃごちゃ適当なこと言ってドタキャンしやがって、NOAHもキャンセルしたらしいな。許せねえ!K-1も処置があまいよ。もっと厳しくしないと。契約がどうこうとかさ、そんなことどうでもいいから無理やりにでもリングに上げて、セメントやっちゃえばいいじゃん。こういうことは二度と起こしちゃいけないんだから、サップに見せしめになってもらったらいいじゃん。負けてんのに次の試合に進めちゃったりして。これは谷川さんが、なめられてる証拠じゃない。石井館長だったら起きなかったんじゃないか。プロとして失格。人として堂々と生きれない生き方してる。厳しい処置をお願いします。未だにプロレス大賞取ったのが納得いかね~。俺だけか?

PRIDE無差別級グランプリ2006開幕戦

よしっ!藤田!次から次へとやっちまえ!優勝だよ優勝!いったれ~!

やっぱやりました!まぁ当然でしょ。ちょっと危うかったけど、そんなこと関係ない。皇帝をぐらつかせたあのパンチ食らったら、戦える訳ないっしょ。さすが!一発が違うんだよ。もう、言うこと無しです。イケルよ。間違いなくイケル。ジョシュじゃなくて、藤田選手がプロレスラー最強!を証明してくれ!あの体格、日本人じゃね~もんな。負ける訳ね~よ。どうだ、ビビッタかたじろいだか!3年のブランクなんて関係ね~んだよ。

今回は藤田選手に相当の期待を込めて見ていましたが、藤田選手以上に心打たれた選手が、世界のTK髙阪選手でした。お前、男だ!まさに男でした。今日のハント戦、この一戦だけで髙阪選手の生き様を見せつけられました。ううっ、泣けるぜ。引退を賭けて臨んだ一戦、まさにこの一戦で死んでもいいくらいの戦いっぷり。何発パンチを食らおうが、這い上がっていき、何度かわされようが、寝技に持ち込もうとする折れない心、素晴らしかった!今日のベストファイターです。ほんと感動しました。ありがとうございます。

美濃輪vsミルコのあおり映像も良かった。気が付いたら涙出てました。15年前の卒業文集の夢。ぜんそく持ちの少年が夢を叶えプロレスラーになったこと。5年前から熱望していたミルコとの試合。当時プロレスラーがミルコにやられていとことに、熱い血潮が燃え滾ったんでしょう。リアルプロレスラーとしては黙っちゃいられない状況だったんだと思います。そして相対するミルコの映像。亡き父との約束。ひとつひとつ階段を登ってきて、あと一歩のところでノゲイラやられ、やっと叶った試合でヒョードルにやられ、頂点に未だ、たどり着けない道のり。2人の思いの交差するVはほんと感動しました。

吉田vs西島。この試合まさに異種格闘技戦を感じさせました。かたや完全に見た目ボクシング。かたや完全に見た目柔道。ほんと、どの格闘技が一番強いんだというテーマに一番見た目あってました。こういう雰囲気感じさせる試合結構ないんですよね~。なんか特した気分です。この試合吉田選手の経験と総合の能力の差ですかね。どれだけ、自分のバックボーンにプラスアルファをしていくか、が総合をやる上で必要なんだと思います。西島選手いいとこなしでしたが、まだまだ可能性十分です。プラスアルファ身に付けたら恐ろしくなりますよ。

ノゲイラvsズール。ノゲイラ選手の練習みてるような感じで極まっちゃいました。もう腕極めて下さい、見たいな感じで腕だしちゃダメだろ。当然のごとく極められちゃいました。スムースでした。

バーネットvsアレキサンダー。微妙でしたがバーネット勝った。バーネットが腕極めてましたが、アレキサンダーのスタミナ切れって感じで終わり。もういいや、みたいな感じでした。あとお兄ちゃんやって、みたいな。もっとスタミナがあれば分からなかった。しかしバーネットが関節極めるだけで、なんでUを思い出すんだろう…。ていうかUで試合してねーし。けどさぁ、バーネット。もうちょっとシェイプしよーぜ。脇腹プルプルしててさぁ、フルーチェ思い出しちゃったよ。セカンドステージ、シェイプでヨロシク。

いい戦いでした。とにかく感動感動で、こりゃセカンドステージ行くべ!電話しなきゃ!

そうそう大会終わったから、桜庭選手についてのコメントよろしくお願いします。榊原代表、高田本部長。

HERO'Sに桜庭参戦!

タイガーマスクはやっぱり桜庭選手でした。とういことで今日記者会見があり、正式にHERO'Sに参戦することが発表されました。

まぁ引き抜きではないのでしょう。クリーンにいってるんだと思うので、僕としては賛成です。桜庭選手がコメントしてましたが「長州さんが新日を辞めて全日に行ったとき、すごく活気づいていたじゃないですか。そういうことをぼくもやってみたい!それで(PRIDEとK-1が)仲良くなってもらえればいいかなと…」いいコメントだ。懐かしい~。この時全日は左団扇だったんじゃないかな。この後長州が戻って、天龍革命ですよ。面白かったな~。ここの会見で長州選手のことを例えに出すなんて、やっぱプロレスラーなんだな~、と改めて実感。けど日明兄さんがいるとこでいうなんて、ちょっと怖いですが…。けど桜庭選手らしい。

PRIDEとK-1、たぶん仲良くならないと思いますが、あくまでも理想としてそうなったらいいと思うし、選手の貸し借りが出来る状況が出来たら、すごくイイじゃないですか。最強を目指す選手にとっては、色んな選手と当たってみたいだろうし、そうすることで技術も向上していくだろうし、ファンとしても、夢のカードは実現して貰いたい。KIDvs五味とかKIDvsシウバ、須藤vs美濃輪、秋山vs吉田なんて。

桜庭選手のおかげで格闘技が一気にメジャーになったのは事実だし、この人の存在は大きすぎます。今回のことで総合のパイオニア的存在の前田日明氏と総合メジャーのきっかけ的存在の桜庭選手、そして総合団体の老舗パンクラス創始者船木誠勝氏のいるHERO'Sになったわけだが、結構面白そうになったきました。U揃い組み。

とにかく桜庭選手のコメントにプロレス関係のコメントが多かったのが印象的でした。日明兄さんもウエルカム状態なので、これからほんと注目です。TBS的にもウエルカムなんでしょう。NEWS23で記者会見放送してましたもんね。これからますます、格闘技が楽しみになってきた!

明日はプライド無差別級グランプリ開幕!藤田やっちまえよ!

HERO'S2006

おわぁ~~~桜庭が、HERO'Sのリングに上がった!!!まさに衝撃!鳥肌たった!総格ライバルのリングに上がるとは!あの曲、あの登場の仕方、あのはぐらかし方、まさに桜庭!しかもあのタイガーマスクは形は初代で色は二代目。ジュニアとヘビーのコラボマスクだ!ってマニアックな意見過ぎるね。

日明兄さんが登場して来るから、なんらかの発言があるんだろうと思ってはいたが、こんなことになるとは!まさにビッグサプライズ!3月31日で高田道場を円満退団して、自ら桜庭道場を設立していき、選手と指導者ということで今後活動していくことを先日報道していたが、こういうことになるとは思っても見なかった。本人もいい機会だったんだろうな。最近の桜庭選手はいいとこなしですもんね。あのころの勢いや輝きが弱くなったきてましたもんね。なんか言い方悪いですけど、過去で支持されてる感じですし、本人もモヤモヤしてたんじゃないかな。扱いは悪くなかったと思います。ただ本人の内面の問題なんでしょうね。環境が変わればあのころ以上のものを出せると思うし、新しい環境で心機一転、いい状態の桜庭を見れることを期待してます!日明兄さんと桜庭選手の2ショット、スゲーエ。もう表紙決定だね。

さてさて試合ですが、全体的に良かったです。面白かった。

秋山vs永田。このまま見るとGHCかと思っちゃいますけど違います。正直プロレスファンとしては、永田選手の応援なんですが、個人的に腰を痛めた共通項で秋山選手に肩入れ感があって、どっちつかずで見てました。なんかTV的に“柔道vsレスリング”なんて煽ったけど結局パンチでした。秋山選手の総合での能力の高さと順応性での勝利と言う感じで、永田選手はまったくいいとこなかった。試合自体は緊張感あって良かったです。ただ秋山選手がマイクで「レスリング最高」と言いましたが、この試合でレスリングを味わってないのに、このコメントどうなの?というふうに思っちゃいました。あと秋山選手に、みのもんたさんがリングへ入れられた時、アナウンサーが「みのもんたリングイン!」って言ったのは笑った。間違ちゃいね~けど。なんかマヌケ。

所vsブラックマンバ。ブラックマンバ、熱帯魚みたいな名前ですが、美味かった。いや上手かった。タイミングバッチリでヒザ当てて、所選手KOでした。負けなしだったのに、挫かれたなぁ。けどここからです。所選手には日明兄さんがバックについてるんで、ここから急成長するでしょう。いずれはKID選手とやってもらいたいです。けどさ~いいかげん“戦うフリーター”は辞めてもいいんじゃないか?もう辞めたんだし、格闘技で食っていけてんでしょ。風呂なしなんてV流してんけど、違うだろ~。いい人だからこんなV毎回流してたら本人引っ越せなくなるじゃんかよ。

曙vsフライ。フライ良かった、最高!別にあじフライとか海老フライのことじゃないですよ。曙の食い倒れ企画じゃありません。まいう~なんて。ドンフライ。選手です。さすが塾長!曙にちょっと攻撃させておいて、仕留めましたね。流石!ドンフライなんていい相手もってきたなぁ~こりゃ良かったよ。最後は殴られて終了!最高です。曙さぁ~もっと今まで経験してきたこと出せよ。追い詰めて抱きついてるだけじゃダメだろ。終電間際の恋人同士じゃね~んだからよ。あそこでフロントスープレックスだろ。なんでプロレス技出さね~んだよ。プロレスでいい感じでいってんだから、それ出せよ。なんでパンチに拘るんだよ。経験生かせ経験!戦い方変える必要ね~だろ。もうダメだな。総合出れね~よ。円形脱毛症活かしてプロピアのCM出ろ。それで金稼げ。ダメだお前。汗かき過ぎだ。

KIDvs宮田。完璧です。4秒KO。凄い!同じレスリングがバックボーンなので、弱点知ってますよね。KID選手の頭の良さの勝利です。凄い!

それからHEROS'見てていつも思うんですけど、井上和香いらね~。お前何にも格闘技のこと勉強してね~だろ。興味ね~なら辞めろ。

より以前の記事一覧