明月院

今日は朝一で明月院へ。紫陽花を見に行きまして。Img_2681

この時期は朝8:30から開門してるとのことで、8:20には駅に着いたのですが、改札出るまでがかなりの混雑!この時間なのに!と来てる人の多さにビックリしました。

で明月院に着いて見てみると、ちょうどいい感じの開花状況で、これで雨上がりだったりしたら最高でした。

しかし朝8:30にもかかわらず、結構な人出。この時間でそこそこの混雑でした。

Img_2711 だいたい1時間ほどで出口に向かったのですが、もうその時には若干拝観口に列ができてまして、帰りのホームでは改札への行列が2~3車両分ぐらい並んでましたね。恐ろしいくらいの人出でした。このときで9:30。昼にはもっと多いんでしょうね。確か、明月院に入る列が駅近くまで並んでたなんて聞いたことがあります。

いやぁ~早く行って正解でした。Img_2688

あじさい~明月院

今日は雨が降ってタイミングバッチシだったので、あじさいを撮りに行ってきました。

Ajisai ここ北鎌倉の明月院は別名“あじさい寺”と言われ、あじさいが咲き誇ります。今日はちょっと早かったですが…。おそらく来週後半が見頃だと思います。あじさいには青いものと赤いものがありますが、あの色は土が影響しているんです。知ってました?土が酸性の時は青に、アルカリ性の時は赤になるんです。ちなみに明月院は青いあじさいで統一しています。ここの後庭園はもうひとつ花が咲き誇る場所があって、ここには花菖蒲が咲きます。今日は見て来なかったんで、現状が分かりませんが、咲いたところは見ごたえあります。ただここに入るのには別料金がかかります。

実は何を隠そう今から十何年前に、ここでこの時期働いていました。ちょうどこの時期はかなり忙しく、来る人も半端じゃないんで、募集があり採用していただきました。ありがとうございます。いや~なつかしい~。今日行って拝観口で働いてる子なんかみたら、思い出しましたね。何か今は作務衣なんか着ちゃって統一してますけど、当時はなかったね。私服ですよ私服。腕章があったような気がしたけどな~。朝8:00頃行って掃除して、拝観口が当時は1箇所に2つあって、1つは開園時間の8:30に開いてるんだけど、もう1つは混んで来たら開けることになってるんですが、9:00頃にはもうひとつの拝観口が開いてましたね。ほんと忙しかった。昼頃11:30~13:30ぐらいがピークで、下手したら北鎌倉の駅の方まで並んでましたからね。ビックリでした。

そういえば拝観口に入ってるときに、いたずらしちゃったんだよな~。当時拝観料が200円でした(今300円)。で、カップルが来て女性が「すいません、これで」と10000円出しました。ということは、おつり9600円になるわけです。ここで、なんでしょうね、若気の至り?ですかね。まあ僕がアタマおかしいんで申し訳ないんですが、おつり100円玉1枚と残り9500円全部500円玉で出しちゃいました。19枚!やっちゃった~、俺。ジャラジャラジャラ~と出しちゃったら、その女性「え、500円玉…」とほんと目が点になちゃって、あ、この間ヤバイかも、なんて思い「次の方どうぞ~」なんて言って、流しちゃいました。いやいやいや、すいませんでした~。けどこんなことめったにないんだから、いい思い出になったんじゃないかな。「あんなことあったね~」なんて2人にはいい思い出ですよ、って反省してないみたいですが、反省しきりですよ、すいませ~ん、いやほんとに。ね。

こんな楽しい思い出の詰まった明月院、毎年行かせていただいてま~す。

大船フラワーセンター

今日は久しぶりに晴れましたね。ここ最近は曇ったり、雨だったりではっきりしない天気だったので、今日はイイ気分です。5月になってあまりイイ天気ないっすよね。このまま入梅なんて言われたこともありましたが、五月晴れを感じないまま入梅はツライ。今日は天気良かったのでバラの写真を撮りに行ってきました。

いつものように、大船へ。いや~、やっぱこういう日だと人が多い。じじいばばあだけじゃなく、遠足で子どもも来ていて、こんな天気を待ちわびたかのようでした。

Rose今は季節的にバラが見頃です。ただちょっと時期遅かったかなて感じでしたけど、まだいい感じのもあってギリセーフでした。花は季節ものだし、見頃もタイミングを外すとすぐ枯れたり散ったりしてしまうので、難しいです。バラは年に2回見頃を迎えます。5月と9月。聞いた話によると9月のバラのほうが大きいんですって。夏を越えて咲くからだそうです。まぁ、聞いた話なんでなんとも言えませんが。

やっぱ外での撮影は、いつもながら難しかった。マクロで撮ったりしてるんですが、問題は風なんですよね。せっかく構図・ピント合わせてんのに、風でまたやり直しになったり、収まるまで待ったりと、ほんと忍耐勝負です。いつもながら、イライラしてましたが。こんなイライラに追い討ちをかけることがあって…。

いい天気だからなんでしょう、老人ホームの人たちが来ていて、まぁそれはいいんです。そのじじいばばあが日陰に集まって、みんなで歌なんか唄い出しやがって、この唄う歌が昭和歌謡的なもので、気分がブルーになった。♪花をめしませらんららん~っー感じの歌なんですけど、これにハーモニカの伴奏付きで歌ってて、もうモノクロのドキュメント見せられてるみたいで、やる気が萎えた。雰囲気戦後すぐみたいな感じ。焼け野原みたいな。まぁ、あの人たちには懐かしい青春の歌なんでしょうけど。

僕らがあの人たちの年齢になった時には、何唄うんだろうか?80過ぎて尾崎うたってたら笑えるかも。♪行儀よ~く真 面目なんてクソくらえと思った~。この支配からの卒業~なんて。おーい、どこいくんだ~戻って来~い。老人ホーム出て行っちゃったりして。単なる徘徊だったりして。あ~ヤダヤダ。

しだれ桜

凄いしだれ桜があるんだけど、結局一度も行かなかったな、と当時小田原に住んでいた友人が言っていて、どこどこどの辺と情報を仕入れ行ってきました。

Odawara_1 いや~本当スゲエ~!とにかくデカイ!なんでも樹齢330年以上だそうで、これまたビックリ!正直しだれ桜を見るのが初めてなので、よりその凄さに驚きました。圧倒です。これは芸術品ですね。素晴らしいです。大胆でいて繊細という感じで、この場所まで20分歩くんですが、その疲れも吹っ飛びました。

けどほんと、しんどかった。とりあえず登りなんです。石段か坂道なんですが、なんでか石段で行ってしまい、足パンパンでした。またこういう所って、ジジイババアが多いんですよ。あがんの遅いでしょ、いきなり止まるでしょ、まっすぐ歩けないでしょ、それでいて声でかいでしょ、もうほんと蹴っ飛ばしてやろうかと何度も思いました。なにげに止まるだけでも、なんか言い訳しますからね。「坂のほうが正解だった…」「この靴が…」「薬飲んでくんの忘れた…」なんて。単に歳だよ歳!それ以外の理由なんかあるわけねーだろ。じゃなにか、薬飲んだらぴょんぴょんとんで行けんのかつーの!どんな薬だそれ。

まぁまぁ、そんな感情も穏やかにしてくれたつーことで。けどこんなたいへんな登り道、子どもおんぶしてきた母親がいて関心しました。エライ!なんか母親と子どもとおばあちゃんで来てたんです。やっぱり記念写真撮るんですよ、しだれ桜バックに。おばあちゃんがカメラ持って写してたんです。なにげにちらっと見たら、子ども青っぱな出てました。しかも左右から!こんな子ども久しぶりの登場ですよ。昭和です昭和。いまどきこんな子いるんですね。青っぱなって!しかも2本!まことちゃんでも1本なのに。すげ~!そういえばこの子、グワシしてたわ。してねーつの。

このしだれ桜ですが、長興山紹太寺にあります。箱根登山鉄道の入生田駅から徒歩20分。一度は見ておいて損はないです。 Odawara02_2 もし住みたくなったらこんな所がありますよ。住めるか!

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ