2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

DVD

大日本人

くっだらなかったなぁ~。非常に下らなく面白かったですね。

ヒーローものなんつー情報のみあっったんですけど、それ以外はどんな内容かも分からず、とりあえず見てなかったんで見てみましたが、結構面白かったですね。なんかカンヌでは途中退出する人がいて、たけしさんに相談したなんつー記事が出てましたが、外国の方々にこの内容がどんだけ伝わるか分かりませんが、分かんない人の方が多いんじゃないでしょうかね。

分かんない、つーか感じ取ることに差というかギャップがあるんじゃないでしょうかね。

もう…なんだろう…。下らないです。おそらく最初っから見てても流石にあの幼少期の大日本人が乳首に電流流されて、ぶっ倒れた時のあの乳首!あれはね、そうとう痛いですよ。あんなになっちゃうんですから、それはそうとうな痛みでしょう。つーかあんなんになんねーだろっ。なんで富士山みたいになっちゃってんだよ!マンガの世界ですよ。

まぁ、ああいった想像力が松本人志の凄いところではないか、と思ってるんですよね。

やっぱし作品つーのは想像させる力があってのものだと思います。見ている人の想像力をどう刺激させるか?それはあこがれを感じさせることだったり、想像した通りになることだったり、想像を裏切ったり、新たな展開で刺激したりと、まぁ色々あるとは思うんですが、そういった想像力を刺激しないといい作品じゃないんじゃないか、と思います。

そういった意味でもこの『大日本人』は結構な刺激だったと感じるわけです。

けどこの大日本人、こんな人なのに意外に奥さんが綺麗な方でビックリしました。どこで知り合ったんだろう?けどこの奥さんメイクが90年代だったんで、流行には敏感じゃなさそうです。若干古さを感じました。あれはボディコン着てた世代じゃないか。

それから四代目でしたかね、あのおじいちゃんが助けに来て戦う場面。あのファイティングポーズを見たときに、エリオグレーシーを思い出させられたのはボクだけでしょうか。けど負けちゃったけどね。

あとはあのCGね。なんかシーマンぽかったなぁ。

あの最後の戦いなんてヒーローなのにもの凄く品のない戦いっぷり。ケンカのような戦いっぷり。人間くさいっつーか、ヒーローじゃないですよね。だって技とかじゃないもん。足引っ掛けて倒したり、服脱がせたり。服脱がせなくったっていいじゃん。ヒーローの戦いにそれ必要?

なんか、ひさびさに見終わったあと語れる作品だったんじゃないでしょうか。

次回作が見てみたいです。

監督ばんざい

江守徹のはじけっぷりには、肝っ玉の据わった役者としての凄さが出てまして、これぞ!という何かを感じました。ここまでできるのはやっぱ今までのキャリアと演技に対しての姿勢。まさにベテラン、つー感じで演じることが好きで演じることについて常に考えてる役者としてのまっすぐさを感じずにはいられませんでした。凄かったなぁ…。

それで『監督ばんざい』ですが、特典映像でも北野監督が言ってましたが、見ていてフェリーニの『8 1/2』を思い出しました。やっぱね、監督の作品に対しての様々な葛藤が感じられると、どうしても『8 1/2』を思い出さずにはいられません。な~んとなくそんな感じがします。

ただインタビューを聞いてると北野監督の戦いっぷりが想像できて、監督として映画界と戦ってるなんて凄いな、なんて思うし、孤独な戦いをしてる感じがしますね。いわゆる反発的な感じで、こんなんじゃねぇーこうだ!みたいな姿勢が発揮されてます。

そのひとつとして『三丁目の夕日』なんつー作品がありまして、ボクも観ましたがこれまたその時代に生まれてないのに懐かしさを感じ、その時代背景にそこに住む人情がうまくからんでジーンときたりしちゃいましたが、北野監督の『三丁目の夕日』はかなり違ってました。

昭和33年代の日本がああいった良いことばかりじゃないことを伝えてくれてます。強引に金巻上げたり、どちらかと言えば品のない家庭。まさに“ヨイトマケの歌”の世界が描かれたり、同じ33年代でもこうも違うか!というもうひとつの33年代を見せてくれます。こっちの33年代は懐かしさよりも珍しさ、通常描かれない33年代でジーンとはきません。

こういう反発の姿勢がまさにビートたけしのような気がします。漫才でもいままでタブーだったことをやって、それが支持さて変えていった人ですから、今までに無い物つくり切り開いたわけで、こういった姿勢を今でも持ち続けてることがホント凄いと思います。

年とると、どうしても若い時の反発心が消えてって、まるくなったなんて言われたりしますけど、反発心をまだまだ持ち続けてる姿勢が凄すぎます。こういうのずーと持ってると、一般の世界ではやっぱ孤独に陥ってしまいますし、どっかで保守的になり、分かっているけど見て見ぬ振り…。で年取っていっちゃうんですよ。イカンですね、こうなったら。

おそらくそういった、作品作りに対する姿勢が海外では評価されてるんでしょうかね。

インタビューも込みで見ることで、戦う姿勢を感じさせられました。違う意味で“監督ばんざい”です。

内村さまぁ~ず #23東京喫茶店はしご旅

喫茶店ね…。正直ほとんど行ったことがないですね。というのもまずコーヒーが飲めない。だからまず入ろうなんて気がおきません。
次にこれはボクの勝手なイメージですが、椅子が低い。そして机が狭い低い小さい。これだけでそうとうリラックス出来ません。逆にストレス溜まるわ。こんなんだから「喫茶店でお茶でも」なんて気軽な気分で行けません。
そしてもうひとつは勝手なことをされたことがある。
コーヒーが飲めないので、紅茶もしくはアイスティーを注文するんですが、基本ストレートで砂糖もいれません。
ある日会社の方と何度か行ったことのある喫茶店に行きました。
何度か行ってたこともあるのと、一緒に行った方が常連なこともあってか、グラスになみなみアイスティーが注がれていました。
今日はずいぶんサービスいいな、なんて思って飲んだら、はじめっからガムシロ入れてきやがった!このクソ店員!なんでおまえの判断でガムシロ入れるんだよ!まんがいち俺が糖尿だったらお前が原因で悪化してるとこだぞ!何基準でガムシロ入れたんだよ。ムカついたから飲まずに帰ってきましたけどね。
まぁそんなこともあって、行くきになるようなイメージがありません。

そんな中今回の内容は“理想の喫茶店”を探す、というボクには何の為にもならない内容です。けど番組内容的には、これこそまさしく脱力系なりゆき番組、て感じです。
ゲストはビビる大木。で都合三軒の喫茶店をめぐって行くことになるんですが、これが意外にもウッチャンに大竹、三村とそれぞれ理想の喫茶店論があり、こだわりが結構あります。椅子はこうじゃなきゃいけないとか、マスターはこんな感じだとか、色々あってそのこだわりを基準にして喫茶店に入って4項目採点していくんですが、これがまたすべてにおいてかなりな高得点。つーかマスターがいる手前毒づけないし、な~んとなくそれとなく「イイ!」とか「そう、これがいいんだよね」なんて当たり障りないことでその場を凌いで、ロケ車の中で採点。
一軒目がそこそこ高得点だったが為に、そっから下げられないし上げられないしで結果三軒とも同点。見ていて何が理想なんだか分からなくなりました。
最終的には、点数じゃなくどの店が良かったか同時に店の名前を言って決着。言われなかった一軒がかわいそうに思えましたが、なんだかんだでフォローしてました。
最後は、現在番組のプロデューサーをしている大内氏と大木で5年ぶりになるビビる再結成。ショートコントを披露してました。
喫茶店ね…。雰囲気のいい店がいろいろあるのは分かるんだけど、どうも自ら行く気にはならないんだよなぁ。
しかしなんでナポリタンとピザトーストは喫茶店にしか無いのだろうか?

まりもっこり~ず

♪もっこり もっこり まりまりまり~もっこり もっこり もっこり まりまりまりもっこり

つー感じでCORICORIオープニング曲が流れてまりもっこりのアニメが始まりますが、これって普通のイラストのアニメじゃないんです!人形アニメーションなんですよ!え~面白そう、と思いDVD買っちゃいました。

Mokkori 今やCDにDVDと商品範囲の広がりが凄いですが、このまりもっこり初めてボクが目にしたのは今から2年前。北海道に旅行に行った時でして、たまたまロープウェイ乗り場のお土産もの売り場で見つけたのが始まりでした。

まりもプラスもっこりと言う小学生レベルのネーミングとその下らなさでいつの間にかはまってしまいまして、今ではわずかですが20種類ぐらいのまりもっこりストラップがあります。今では北海道限定だけじゃなく各地方にも限定グッズが存在していまして、大変なムーブになってます。なかにはその姿からまりもじゃね~じゃね~か!と思えるものまであります。 

そんな中只今渋谷パルコで展示会が行われていて、そこには北海道と各地域のまりもっこりが展示販売されていますが、そこにこのDVDで使われたまりもっこりのステージが展示してありコマ撮り人形アニメであることが分かり見てみるきになったんです。

DVDには全4話収録されています。

これを見ると「え~そうなん!」なんて発見がありました。

1つ紹介しちゃいますと…。

ストラップでヒグマもっこりなんてのがあります。いわゆるまりもっこりがヒグマの着ぐるみを着ているやつですが、これって見ると普通にまりもっこりが着ぐるみ着てるなんて思うんですが、これにはひじょ~に深い意味がありまして…。

これ言っちゃいますと、“M”の衣装なんですって。“M”っつったら、そりゃSMの“M”のことでして、なんとパパもっこりがSM好きであることも判明。

それからこのDVDにはまりもっこりの家族が出てきます。パパもっこり以外にもママもっこり、ベビーもっこりと4人家族であることなんですが、各キャラクターの設定も紹介されていまして、これがまたなんつーか、メチャクチャな感じです。

まりもっこりは大のエロ本好きで、お小遣いすべてエロ本につぎ込むという…。正直バカですね、この子は。ただこのエロ本好きのお蔭で勝負に勝つことが出来るんですが、この勝負がね…。またバカな勝負で。家族を救出するための勝負なんですが、これが正直こんな家族救出したくなんのか?と思える映像が見せられるんですよ。もうがっかりです。息子としてこれはがっかりです。けど家族のため救出するために勝負を挑むんです。

嗚呼、なんて泣けるんだろう、なんてこれっぽっちも思えませんし、下らなく爆笑というより失笑ですが、これが人形アニメだからこそ、成立するんじゃないだろうか、と思いました。これ普通にイラストのアニメだったらつまんないんじゃないかな。人形にして正解だったと思います。

結果、楽しめるアニメになってると思いました。

ちなみにこのDVD、通常版と限定BOX版がありまして限定BOX版にはまりもっこりの人形が付いてます。これがなぜか白ジャージverと言うことで…。緑のほうがよかったんじゃないか、と思いましたが…。

探偵事務所5 ANOTHER STORY 2nd SEASON 探偵544 「薔薇は13で待て」

予告編のアニメがかなりカッコ良かったんでかなり期待してたんだけど、期待を裏切らないカッコ良さで面白かった。アニメはいいなぁ~、なんて思いました。こういったカッコイイアニメは見ていていい刺激になります。おお!こういうの作ってみたい!なんて気にさせられるのですが、実際ね…。大変だもの。根気と想いが続かなかったらできません。そう考えるとアニメやってる人なんてのは凄いな、なんて思うわけです。1フレ単位の仕事ですからね。ただただ脱帽です…。

今回の探偵544は幽霊探偵なんてことでして、実際死んでるんですって。なんかよく理解していませんが…。なんか老けない老人なんてのが出てきて、この人の影が無いとかってことに気付いて、記憶の糸を探ったりしていくんですよ。でまぁ解決なんてことでして…。

まぁね、そんなことよりこの544演じる“奥田恵梨華”さん。実に美少女!キレイでして、いやぁ~いいわ、ね。こんな探偵がいるんだったら、この人だけでシリーズにしてもらいたいぐらい、いいです。やっぱ美人はいいですなぁ~、なんてどんな話だったか集中力を途切れさせられてしまいました。この人は他何出てんのか非常に気になります。

いいわ。奥田恵梨華。

1X8いこうよ!①これが北海道のYOYO'Sだ!の巻

木村洋二って、面白いな~。キャラが凄い!ローカルでないといないキャラですね。イイっスね~!

『1×8いこうよ』のDVDが出て、tvkでは何度か見てましたがいまいち良く分からないので、このDVDを見てやっと流れが分かりました。見始めが“1×8観光組合”だったんで何の番組でどんなことやってんだか良く分からなかったが、このDVDありがたいことに、“YOYO'Sヒストリー”という冊子がついてて、これを見ると一目瞭然。この7年間の歴史がざっと分かりました。ビックリしたのが、2000年に大泉さんがあのモジャモジャに“ストレートパーマ”をかけてたんですね。結構キモイ感じですが、かなり貴重!

18 この1×8のYOYO'Sが珍しいのは、タレントがつっこみで、アナウンサーがボケというスタンス。普通は逆だよね。ボケるアナウンサーって…めったにいません。タレント中心的な番組が多い中、木村アナのアナウンサーじゃない面を出していく番組なんですかね。そこがすげ~え!特にこの木村アナは引かない!タレントと同等もしくはそれ以上にズンズン出てくるところが、ローカルっぽさを感じさせまさす。

7年間をまとめたDVDですが、中でも面白かったのは『小型トーク企画』ですね!なんでも賛否両論らしいですが、ボクはこれが一番面白かった。ぜひこの内容だけのDVDを出してもらいたいです。このDVDに入っているのは、『純喫茶 木村』このコーナーでは、まったく適当な感じの木村アナのトークが最高です。木村アナがマスターで大泉さんがお客。これは打ち合わせがまったくないんですかね、と感じさせるくらい設定や状況が伝わってない感じでスタートしてます。ネタをふるのが大泉さんで受けるのが木村アナという番組進行。木村アナのやりたくなさそうな感じの演技、そして中途半端さ・いいかげんさを感じさせられてそこがイイです。この番組は木村洋二アナを育てる番組なのか?と思えるほど大泉さんより目立ってる。不思議な番組です。基本的には“大型企画”が多いそうなのですが、こういう“小型トーク企画”は力が入ってない感じでイイです。

他にも、2人で「あぁた」「あたし」と呼び合う女装も100パーセントキタナいキャラですが、面白い!キタナいって言っても見た目が汚いんであって、こういう手段が、つーことではありません。ここでも木村アナの顔はグンを抜いてすごいことになってます。

『1×8』が面白いことが、良く分かったんだけど、これから先木村アナがどういう方向で行くのかが非常に気になりますね。6人目のチームナックスにはなれないでしょうが…。

探偵事務所5 ANOTHER STORY FILE8 調査報告書13探偵511『終わらない別れ』

今回は恋愛話ですよ。

探偵ってつれ~な~、て感じの話でしたが、探偵が依頼人に恋をするなんてやっちゃいけないのに、恋しちゃうんですよね。でもう気持ち押さえられなくなり、踏み込んじゃうんですよ。

探偵が恋をするなんていうと、見ていて思いだしたのが『探偵物語』ですね。『探偵物語』ってもテレビのじゃなくて、映画やつね。松田優作と薬師丸ひろ子の。記憶が確かじゃないかもしてないけど、最後空港でキスするんですよね、松田優作と薬師丸ひろ子が。結構切ない感じのシーンでしたよ。そこが浮かびましたね。切ないキスシーンでした。

今回初ですかね。探偵511の部屋が出てきましたが、まぁこれがなんとも昭和的な部屋で、なんでこんなところに住んでんだろ?なんて思っちゃいました。ありえないラィテンングの場面がありましたが、これがまたイイ感じで演出Goodでした。

でね最後の場面はまさに探偵でないと、こんな恋愛できね~んじゃね~か、なんつーラストでした。辛いね~511。やっぱ依頼人に恋しちゃいけね~んだよな、なんて思っちゃいました。けど、気持ちは押さえらんね~もんな、なんて共感しちゃったりして。禁断の恋ね…。押さえるよりかは、行っちゃってあとで、あ~あ…なんてなったほうが健康的ですよ。気持ちは大事ですから。

あぁ、切ないストーリーだったな…。

探偵事務所5 ANOTHER STORY FILE6 調査報告書10探偵542『青い鳥を探して』

今回の『青い鳥を探して』を見ていて思い出したのが、寺山作品でした。

大きな鳥かごや今の自分からカット変わりで子ども時代の自分に移ったりするところ、どことなくシュールなセッティング…。

ストーリー的にも“自分探し”といった感じの内容は、寺山的でした。

ああいったやり方好きなんですよね。非現実的というかイメージ優先というか。こういったほうが伝わるんですよね。まぁもちろん個人差ありますが。僕はこういうほうがよくて、イメージを分かりやすい状況や物に置き換えちゃうよりかは、思い描いたイメージのまんまのほうが伝わるし印象に残るんですよね。

見ていて懐かしさと、あぁまだこういった作品作りは通用するんだな~なんて思いました。別に古いとかではないんですけど、ある種独特でマニアックな感じがするんで、伝わるのかな~つーことが若干気になっただけです。個人的にはすっごく好きな表現方法なんで大歓迎です。

ほんと、このシリーズは素晴らしいですよね。林海象復活なんて思っちゃいましたし、テイストなんかぶれることなく作られててイイです。ネットシネマの可能性を感じます。出来ればね~“濱マイク第四弾”なんてネットシネマで出来るとイイんですけどね~。もちろん林海象監督で。

話をストーリーに戻しますと、仕事などの忙しさでいつの間にか自分を見失ってしまった人の話で、忙しくせっかく掴んだ幸せを失ってしまい、その幸せはどこのにいったんだ、どこにあるんだ、つーことだと思います。

忙しさで見失うことってありますね。家帰ってメシ食って風呂入って寝るだけで、次の日早く起きての繰り返し…。気付けば趣味に時間割けなくなってたりしてね。だからってね仕事辞めるわけにいかないし、うまく遣り繰りすりゃ出来ないこともないんだけど、そうすると何から手をつけていいのか分かんなくなっちゃって、気付けばもう夕方…明日早いし…。なんてなっていくと、な~んも出来なくなっちゃうんですよね。遣り繰りが難しくなってくるんですよね。そうなってしまうと自分を見失ってしまっちゃうんですよね…。

主人公の気持ち十分伝わってきましたね。

う~ん、なるべくゆっくりでも自分の時間を持つようにしないとな。

探偵事務所5 ANOTHER STORY FILE6

やっと『探偵事務所5 ANOTHER STORY』のDVD新作発売いうことで、ひさしぶりに見ましたが、面白い!やっぱ作りモンはこうでないと!と感動です。

年末に買ったんですが、まぁ~時間のないことプラス見る気力がないことで今日までまったく見てなかったんですが、封も開けてなかったからね、結局見るとハマるんですよね~。いい作品ですよ。

今日見たのは、『調査報告09 宍戸瞳 「指紋の記憶」』監督・脚本 林海象ですよ!期待大でした。そして期待を裏切られることなく、イイ感じのカット割りにアングル、そして小道具の使いかたの上手さ、良かったです!

ストーリーは、まぁ詳しくは書きませんが、タイトル通り“指紋”から展開していくんですわ。これが、魅力あんだよな~。

瞳(貫地谷しほり)が指紋検出セットを買って、色々な所から指紋を検出するんですよ。そのシーンだけでも、面白いし、こういうの気持ち分かるんだよな~。欲しかった物をやっと手に入れて楽しくてしょうがないんだよな~。あらゆる所で検出してますからね。

この指紋検出はやってみたくなりますよね。なんか粉かけて、刷毛で軽く掃くんですよ。そうすると指紋が検出されるんです。そして、シールみたいのに写し取るんですが、これがまた、検便検査のポキールを思い出させられましたね。まぁこんな例えも失礼ですが…。そして展開していくんです。

瞳は採出した指紋をパソコンに保存したりするんですが、その瞳の部屋に濱マイクのポスターが飾ってあったりするところなんか、イイですよね~。遊び心っつーんですかね。イイわ。

これからまだまだ見れるのが楽しみです。5枚発売されましたしね。今日見たのが1枚の内の1ストーリーですから。2ストーリー入ってますからね。しかし、いつになったら全部見終わるだろうか…

CxDxG no ARASHI! VOL.1

DとGは見てないのですがCは見てたね~。とにかく面白かったし、C=クレームなんですけど、これが凄い!こんなことにクレーム付けんのかよっ!て思っちゃうくらいの驚くべきクレームの数々、これを嵐の方々が解決しにいくんですが、これがほんと面白かった。ちょっとしたことで納得しちゃったり、なかなか引き下がらなかったりと色んな人がいるよな~なんて関心しちゃいましたが、まぁクレーム処理に行ってる側からしたら、そんな余裕ないんでしょうけどね。

正直こういった内容がDVD化されたのかな~なんて思ってArshi買いましたが、内容は実験コーナーでした。まぁ、一般の人がクレーム付けてる映像なんてDVDにされて永久に残ったら嫌だろうし、しょうがないですかね。

しかしだからといってこの『CxDxG no ARASHI! VOL.1』は侮れません!かなり面白いし「え!?どうなるんだろぅ?」なんて思わされる、好奇心をくすぐられる内容ばっかしです。

結果はバラすとつまんないので、タイトルだけいっときますと、

●同じ分量の唐辛子と砂糖を水で溶かすとどんな味がするか?

●ごはんを粉末にして炊いたらどうなるか?

●ゴミチップスをつくろう!

●いろんな味の飲み物を浄水器にいれたらどうなるか?

●天然パーマの頭にカイワレの種を三日間ほっといたら?

●ドレスコードのある高級レストランに漫才スーツ、王様姿で入店できるか?

●巨大おりがみの船に乗って東京湾へ出たい

などなど…。他にも実験満載です。

これは気になるね~。好奇心をそそられるような実験をしていて、しかも嵐の方々が楽しんでやってるのがいいです。この人たちだからこそ、この面白さになったんだと思います。実験的なことでいうとTOKIOの方々が色々やられてますが、やっぱこれは嵐だからこその番組だったんだと、DVDを見てあらためて感じました。番組というより、仲間が集まってワイワイやってる感がイイんじゃないだろうか?

とにかく『Cの嵐』が終わってしまったのは、残念だったけど、この実験コーナーがDVDになったのは、なによりの救い。いややっぱり“クレーム”のDVD化してくんねーかな…

より以前の記事一覧